【日本の神話・日食にまつわる話】アマテラスの神 ~夏休みの科学研究~

Pocket

古代から現代に伝わっている神話というものがあります。

月が太陽を隠す「日食」の原因が分からなかった古代では、神話などによって様々に説明されてきました。

ここでは、日本神話での「日食」にまつわる神話をお伝えします。



姉弟のケンカで日食が起こった??

天照大神(アマテラスオオミカミ)は太陽をつかさどる女神として、世界を明るく照らしながら、多くの神々が住んでいる天上の世界「高天原」を治めていました。

あるとき高天原にスサノオノミコトという神様がやってきました。

この神様はアマテラスオオミカミの弟なのですが、手が付けられないほどの乱暴者であり、案の定、神々が静かに暮らしていた高天原で好き勝手に暴れまわし、みんなに迷惑をかけていました。

アマテラスオオミカミも始めは弟をかばっていましたが、あまりの暴れっぷりに怒りがこみ上げ、何を言っても聞かないスサノオノミコトに愛想をつかし、天の岩屋の中に引きこもってしまいました。

太陽の女神が姿を隠した事で、天上も地上も闇に閉ざされることになってしまいます。

特に地上では暗闇なのをよいことに、悪い神々の動きが活発になり、多くのわざわいが起こりました。

アマテラスオオミカミがこのまま岩屋の中に閉じこもってしまうと、地上は大変なことになるでしょう。

アマテラスオオミカミ連れ出し作戦!

神々は相談し合い、その結果、知恵の神様であるオモイカネノカミの案に従うことにしました。

岩屋の前でお祭り騒ぎをし、アマテラスオオミカミが気になって顔を出した時に、連れ出すという作戦でした。

岩屋の前に祭壇がつくられ、天界一の力持ちのアメノタヂカラオノカミが岩屋の戸の横に立つと、天界一のおどりの名人アメノウズメノミコトが腰をくねらせつつ、美しくもあやしげな踊りを始めました。

胸はあらわになり、腰にまとった衣も今にも落ちそうな踊りを踊り、高天原の神々たちは、その面白さにドッと笑いました。

このとき、岩屋の戸が少し開いたのです。

笑い声を聞いたアマテラスオオミカミが、気になって外を見ようとしたのです。

その時すぐさまアメノタヂカラオノカミが岩屋の戸をこじ開け、アマテラスオオミカミを岩屋の中から引っ張り出しました。

こうして地上に光が戻り、わざわいもおさまったのです。

スポンサードリンク






Pocket

【神っているの?】この世に神は存在するのか ~理論から検証する宇宙の始まり~

Pocket

全ての出来事には、必ず原因があり結果があります。

これは普段当たり前と思っている事ですよね。

実際、現実に起こっているあらゆる事柄は「原因→結果」の状態であります。

宇宙の始まりとされる根源とは

それでは、宇宙単位で物事を考えてみます。

私たちの宇宙には運動している物体があり、物体が運動するには何か原因がなければなりません。

その原因となった出来事の存在によって、この宇宙での物体の運動という出来事は説明されます。

そして、さらに原因となったその出来事にも、また原因の存在が必要となります。

「原因」の序列を遡り、根本的な原因があるとするならば、それが「宇宙の始まり」に値するはずなのです。

しかし、現在の科学では、根源原因にたどり着けていないのが現状です。

そこで浮かび上がってくるのが、神の存在です。




宇宙論的証明(神の存在証明)

米ニューヨーク市立大学の物理学者ミチオ・カク教授は、神の存在を言及しているといいます。

この世に存在する4つの力(電磁力、重力、強い力、弱い力)を統一している方程式(超ひも理論といいます)は、全ての力を結合する統一理論であり、ミクロの世界の理論を追求する事は、「神の御心」を読むための鍵であるというのです。

つまり、私たちの宇宙で起こる出来事の原因を遡行すると、神にたどり着くというのです。

目的論的証明(神の存在証明)

この世の物体は当たり前のように存在し、それらはきわめて精妙であり壮大な秩序を持っています。

しかし、何をもって当たり前なのでしょうか。

自然界での食物連鎖や、動物や人間の体のしくみなど、きわめて精巧であり驚くべきもがあります。

生存競争で勝ち残る為の進化は、信じがたい精巧さです。

宇宙レベルでは、私たちの住む天の川銀河も美しい精妙さがあります。

太陽があり、私たちが住んでいる地球には「月」という衛星があります。

このような私たちの住む世界の自然の仕組みは、奥深く調べれば調べるほど精巧かつ精妙であり、人間の技術や思考を遥かに超えています。

この世にこのような精巧な自然の仕組みが存在するのは、「人知を超越した者」、すなわち「神」の設計が前提になければ説明がつかないという考えです。

つまり、「神の存在」無くしては、この世界はあり得ないという事です。

この世は神が創り上げたものなのでしょうか。

この「目的論的証明」で神の存在を認めるならば、私たちはいい意味での「鳥かごの中の鳥」であり、過去はもちろん、未来も既に決まっているのかもしれませんね。

スポンサードリンク






 

Pocket