【驚愕】宇宙の謎3選に迫る!その②

Pocket

宇宙には、信じられない謎があります。

というか謎だらけと言っても過言ではありません。

ここでは、そのたくさんある中の3つの謎に迫ります。



①パラレルワールドは存在する?

現在の宇宙論が、ビッグバン理論とインフレーション理論を想定する限り、観測不可能な宇宙が存在すると認めざるを得ません。

つまり、ビッグバンから生まれた私たちが住む宇宙領域外は、決して物理的に干渉、観測できないことになります。

物理的に干渉できないのだからこれは別の宇宙であり、パラレルワールド(平行宇宙)であるとするのです。

また、別の考え方もあります。

インフレーションの過程で複数の泡が生じ、それらが独自に成長して無数の宇宙(泡宇宙)が生まれる可能性があります。

「インフレーション」理論とは、宇宙がビッグバンの後に急速に拡大したとする理論でありますが、言い換えると、宇宙はまるで風船のように膨張していったとみなされています。

この理論によって、無数の泡となる宇宙が存在するといった事が示唆されているのです。

②宇宙に果てはあるのか

「閉じた宇宙」とは、宇宙空間の広さは有限であり、果てまで進んでいくともとの位置に戻って来るという考え方であり、「開いた宇宙」とは、宇宙空間は無限に広がり、宇宙の果てという場所は存在しないという考え方であります。

現在、宇宙空間は加速膨張していますが、「閉じた宇宙」は、永久に膨張するのではなくやがて収縮するようになると言われています。

宇宙が収縮することで最終的に宇宙の大きさは「無」となるというのが「閉じた宇宙」であり、収縮に転じるということは宇宙空間は無限大ではなく収縮に転じた地点が宇宙の果てということになります。

「閉じた宇宙」のイメージはボールのような球形の世界に相当します。

ボールの表面のある点をスタート地点とし、ボールの表面を指でなぞっていくとグルリと一周まわり、もとの位置に戻ります。

「閉じた宇宙」のモデルが球体だとすると、「開いた宇宙」は乗馬で使用する「鞍」のような形がモデルとなります。

この2つの説でどちらが正しいのか、それともどちらも間違っているのか、その答えは現在の人間には残念ながら導き出せていません。

私たち人間の住む地球やそれを含む太陽系、天の川銀河などの観測可能な宇宙空間は宇宙全体のほんの一部であり、望遠鏡をはじめとしたあらゆる手段で観測しながらその形容を推測するしかないのです。

③この世は3次元ではなく高次元?

私たちが住むこの世は3次元に時間を加えた4次元です。

しかしながら、この世は現実、10次元だというのです。

私たちの世界に存在する高次元空間があるとしたら、現段階では、私たちが考え得る宇宙の尺度しか使えないので、想像する事すら出来ません。

物質の形や大きさを表す尺度は、縦、横、高さを座標とする3次元空間の指標であります。

縦、横、高さの3つの座標に付け加わる次の座標を、現在の私たちは想像することが出来ません。

高次元の空間において理論物理学者は、10次元空間の中に私たちの住む4次元空間は存在しているといいます。

残りの6次元は極端に小さく、3次元的には見えません。

そして、この6次元は丸く閉じていて、4次元空間に接触しているのです。

スポンサードリンク






Pocket

【この世は仮想現実?】ホログラフィック宇宙論 ~宇宙は何で出来ているのか~

Pocket

私たちの宇宙は何で出来ているのか、また、当たり前にある宇宙がもしも当たり前でなかったら…など考えた事はありませんか。

ここでは、宇宙の在り方について一つの説を紹介します。

ホログラフィック宇宙論

ホログラフィック宇宙論とは、「私たちが住むこの3次元の世界は、別の場所にある2次元の世界に記述してある情報を投影したホログラムである」とされる宇宙論です。

つまり、2次元という平面に宇宙の全てが記録してあり、私たちの世界の3次元(縦、横、高さの座標が示す体積)の記述は、その平面の符号化されている内容が、立体の映像として投影されているというのです。

私たちはホログラムで投影された仮想現実の世界に住んでいるという科学者の理論です。

ブラックホールにおいてのホログラフィック理論

物理学者のチャールズ・ソーンは、1978年にひも理論により、低次元での符号化された記述が可能であり、ここから先ほど述べたホログラフィック的と呼ばれるやり方で重力が現れることを見出していました。

ホログラフィック理論は、ブラックホールの「事象の地平面」という境界において生じた理論です。(※「事象の地平面」・・・光が外部に逃れられない範囲の境界面)

宇宙を構成する情報は、この事象の地平面にあるといい、実験的に観察することが困難なほど非常に小さな情報で記録されている…と説明されます。

さらに、ブラックホールに吸い込まれたすべての物体が持つ情報は、「事象の地平面」の表面に完全に極小の状態で含まれることが推測されているといいます。

そのブラックホールの「事象の地平面」に書かれた極小の情報が、この3次元世界に投影され、私たちが存在してるというのです。

この理論では、「数十億光年のスケールで投影されることによって、この極小の情報が拡大される」といわれています。

 

とてつもなくスケールの大きな話ですね。




宇宙の謎を解くカギはブラックホールの謎を解く事であり、さらにブラックホールの謎を解くカギはひも理論にあるという事になります。

私たち生命は最初からプログラムされたものなのか

上記のような理論が成立するならば、私たち生命はプログラムされた登場人物だとという事になります。

ホログラフィック宇宙論を検証する為には、ゲームの登場人物が自分自身について検証し自分の存在を解き明かすくらい難しいということが想像できます。

もしも、私たちの現実世界も、コンピューターシミュレーションで表現された世界なのであれば、検証すべき方法が無いと言っても過言ではない事になります。

スポンサードリンク






 

Pocket

【次元とは】この世は10次元である ~かくれた高次元空間~

Pocket

私たちの住んでいる世界は、縦、横、高さの3方向に動く事が出来ますよね。

この空間を3次元空間といいます。

この世界には、理論上、10次元あると考えられています。

では、4次元以上の空間はどこにあるのでしょうか。

かくれた高次元空間はどこにある?

4次元以上の空間は、理論上、「人間には観測できない程、小さくかくれている」と考えられています。

すなわち、ミクロの世界に存在するという事です。

私たちは3次元空間に住んでいる為、4次元以上の空間がどのようなものなのか想像する事が出来ません。

では、2次元空間にいる人に、3次元空間にある物体は、どのように見えるのでしょうか。




 

直方体(長方形で囲まれている箱)で考えてみると、

●3次元(立体)
⇒私たちが普段見えているように立体で見える。

●2次元(平面)
⇒長方形が平面的に見える。
転がると、辺の長さが異なる長方形が平面的に見える。
(下図参照)

2次元の人からすれば、なぜこのように形が変化していくのか、不思議に思うのではないかと考えられます。

しかし、3次元の存在を仮定し、理論的に考慮すれば、この現象も納得できるようになるのだと思います。

同様に、3次元に住む私たちも、4次元以上の高次元を仮定し、理論的に説明がつく現象を見つければ、それが高次元が存在するという理由になるのです。

 

しかしながら、私たちの宇宙の高次元空間は、現段階では、私たちが考え得る宇宙の尺度を使って、想像する事すら出来ません。

物質の形や大きさを表す尺度は、縦、横、高さを座標とする3次元空間の指標であります。

縦、横、高さの3つの座標に付け加わる次の座標を、現在の私たちは想像することが出来ません。

高次元の空間において理論物理学者は、10次元空間の中に私たちの住む4次元空間は存在しているといいます。

残りの6次元は極端に小さく、3次元的には見えません。

そして、この6次元は丸く閉じていて、4次元空間に接触していると説明しています。

高次元空間の中には無数の次元空間がある

縦、横、高さを座標とする私たちが住む3次元空間の中に、あらゆる形と大きさの2次元平面を無数に描くことが出来ます。

この考えから、高次元空間の中にも、縦、横、高さを座標とした3次元空間に時間を加えた4次元空間も無数に含まれていると考える事は、理論上考えられる事であり、私たちが単に見る事が出来ないだけの何ら不思議な世界ではないのかもしれません。

スポンサードリンク






 

Pocket

この世に次元は10次元まである ~ミクロの世界の量子論~

Pocket

次元とは

次元とは、空間の広がりをあらわす一つの指標です。

私たちがいるこの世の次元といえば、3次元です。

1次元→線
2次元→面
3次元→空間

驚きなのは、この世にはその続きの次元があり、10次元まであるというのです。

信じがたい話ですし、そうであったとしても、果たして高次元はどのようになっているのか想像がつかないでしょう。

「10次元まである」という事については、世界中の研究者が理論的に説明しているのです。

導いた計算上、そうでないと辻褄が合わないという事のようです。

素粒子の世界での次元

私達人間は、3次元の中に居るので、もちろん3次元までは認識出来ています。

それ以上の6次元はミクロの世界となり、現在の人間には、ミクロの世界の物質は小さすぎる為、認識不可能と言われています。

※時間を1次元としますので、9次元に時間の1次元を足して10次元としています。

そのミクロの世界に存在する物質が素粒子です。

素粒子は10の33乗分の1㎝の大きさであり、以前は点であると考えられてきました。

ところが近年は、素粒子は点ではなくひもであるという仮定にすると、理論の辻褄が合うと考えられるようになりました。

ひも理論では、一つのひもから色々なパターンの振動により、複数の素粒子が生み出されるとされており、

その為には次元が10個(10次元)必要なのだそうです。




10次元の世界

ひも理論によって10個次元が必要であるとの見解です。

とは言っても、4次元以降は、私たちはどんな感じなのかも全く想像ができませんね。

宇宙規模からすると、地球の人間なんてちっぽけなものなのかもしれませんが、ミクロの世界では信じられないような素晴らしい動きの観測ができるのです。

研究者たちは、10次元の世界の素粒子の動きを研究し、宇宙の解明に挑んでいます。

スポンサードリンク






 

Pocket