【驚愕】宇宙の謎3選に迫る!①

Pocket

宇宙には、信じられない謎があります。

というか謎だらけと言っても過言ではありません。

ここでは、そのたくさんある中の3つの謎に迫ります。



①ブラックホールの謎

ブラックホールは、太陽の20倍以上重い星が一生を終える時、自らの重力に耐え切れなくなり、中心にぎゅ~っと集められ爆発してできたものなのです。

そして、大爆発が起きた後も、中心部は重すぎて自分の重さを支えられず、さらに中心へつぶれ続け、重力も強くなっていくのです。

こうして光さえも脱出できない程の重力が強いブラックホールが誕生するようです。

ブラックホールに吸い込まれた人間がいたとしたら、どうなるのでしょうか。

吸い込まれた人間は極めて大きい重力の力でどんどん吸い込まれ、身体が重力のせいで引き延ばされやがてちぎれると言われています。

それを傍から見ている人がいたとしたら、アインシュタインの相対性理論により、ブラックホールの重力によって空間がゆがんでいる為、吸い込まれている人間はブラックホール入り口付近で止まって見えるのです。

ブラックホールやその付近では、物理法則が成り立たなくなっているのです。

②多世界解釈の宇宙

量子力学の理論の一つで、歴史は常に様々な「世界」に分岐しています。

「母宇宙」があり、それから分岐した宇宙が「子宇宙」です。

この世の宇宙はひとつではなく、無数にあるという解釈です。

③ダークエネルギー、ダークマターとは

現代宇宙論において、加速しながら膨張していると考えられている仮説上のエネルギーを、ダークエネルギー(暗黒エネルギー)と呼んでいます。

ダークエネルギーは、重力とは反対方向の力を持つ反重力のエネルギーを指しています。

宇宙が加速膨張する為には、重力エネルギーに逆らうような、重力よりも強い逆方向のエネルギーが必要不可欠となります。

宇宙論において、そのエネルギーをダークエネルギーとしているのです。

また、宇宙には、質量はあるがその存在が明らかにされていない物質もあり、その物質をダークマター(暗黒物質)と呼んでいます。

宇宙のエネルギーに占める割合は、通常の原子等の物質が4.9%、ダークエネルギーが68.3%、ダークマターが26.8%とされています。

言い換えると、私たちが宇宙で存在確認しているものは、全体の5%にしか過ぎないという事です。

スポンサードリンク






Pocket

【驚愕】宇宙の始まりビッグバンの前には何があったのか?

Pocket

宇宙は何も無いところから大爆発をして始まったという「ビッグバン理論」が最も有力な説となっています。

高温高密度の1点から始まったとされ、加速膨張された宇宙は低温低密度へと変化し、私たち生命が住める環境が整ったというわけです。

このビッグバン理論が正しければ、さらに疑問が沸きます。

「ビッグバンの前は何があったのか?」という疑問です。

ここでは、そんな疑問に答えていきます。



私たちはブラックホールの中にいる?

私たちは既にブラックホールの中にいるという説があります。

ブラックホールは、太陽の10倍以上の重さの恒星が一生を終え、自らの重力に耐え切れなくなり、中心へ収縮して大爆発を起こし変化して出来たものです。

その為、中心の重力は無限大になり、光さえも吸い込んで抜け出せれなくなります。

ビッグバンが起きる前は、高温高密度で高エネルギーの状態で存在していたと言われています。

このような現象が起こり得るのはブラックホールの中であり、私たちの宇宙は、別の宇宙のブラックホールの中で生まれたというわけです。

現在では、多数の物理学者が、宇宙は一つではなくたくさんあると考えています。

別の宇宙こそがブラックホールの中にあるというのです。

ブラックホールに存在する特異点は無限の密度を持つと言われていますが、この世に「無限」という概念は存在しません。

ブラックホールの質量やエネルギーは、無限に近いほど圧縮されますが、厳密に言うと、完全に無限になるのではなく、ある時ついに大爆発を起こすのです。

これが、ビッグバンではないのか…ということになります。

その説が正しいとされるならば、私たちは別の宇宙のブラックホールの中にいるという事になります。

私たちの宇宙ですら広大なのに、その広大な宇宙が、別の宇宙の中に存在する一部のブラックホールの中にあるだなんて、奇妙ですし、理解の域を超えますね。

宇宙は謎だらけです。

しかし、ブラックホールの謎さえ解ければ、全ての謎は解けるとまで言われています。

私たち人類の文明が途絶えるまでに、宇宙の謎は解明される時が来るのでしょうか。

スポンサードリンク






Pocket

【驚愕の惑星!!】宇宙の最強惑星マグネターとは

Pocket

宇宙は、奇妙な星やほぼ解明されていないもので溢れています。

太陽系の惑星や、ブラックホール、銀河などが一般的に知られていますが、それは宇宙のほんの一部にしか過ぎません。

宇宙は、「奇妙」でしかないと言っても過言ではありません。

これは、私たち人類の文明が未熟であるが為の結果であると言えます。

ここでは、その奇妙な宇宙の最強の惑星を紹介します。



宇宙の最強惑星マグネターとは

マグネターという惑星の最大の特徴は非常に重たい星という事です。

どれくらい重いのかというと、マグネターをスプーン1杯分をすくったとき、その重さはギザの大ピラミッド15個分だと言います。

精密な重さは分からないと思いますが、どれくらい重いのかは想像できますね。

また、マグネターは非常に強い磁場を持っており、その磁場は地球上で感じている磁場の2000兆倍にも及ぶと言われています。

そして、その磁場の減衰をエネルギー源として、電磁波等を放射する中性子星です。

しかし、なぜ、このような奇妙な惑星が宇宙に存在するのでしょうか。

マグネターの出来上がる過程とは

星が長い期間を過ごし寿命が来ると、自らの重力に耐え切れなくなり、超新星爆発が起こります。

そして残った中心核は、中性子星に生まれ変わります。

中性子星は中心に収縮され極めて小さくなり、エネルギーは小さくならずに保存される為、回転速度が速くなります。

今まで観測されたものの中で一番スピードが速かったものは、なんと、1秒間で716回転なのです。

目に見えぬ次元を超えた速さですね。

これは、光速の速さと同じだそうです。

そして、この中性子星の自転が極めて速いと強力な磁場が作られます。

このような磁場の強く非常に重い星がマグネターとなるのです。

マグネターに近づくとどんな事が起こるのか

マグネターまでの距離が1000kmの地点まで近づいた時、磁場は極めて強力になり、人間の身体の原子レベルまで影響を与えます。

その原子は極めて薄い棒状に引き延ばされ、最終的には引き裂かれます。

有名なブラックホールと現象は同じですが、レベルが違うという事なのでしょう。

マグネターでの地震

マグネターは星震と呼ばれる地震と似たような現象を起こします。

マグネターの地殻に亀裂が入ると、銀河の反対側からでも影響を受けるほどの巨大な放射線の爆風を放出します。

地球が最も強い星震の影響を受けたのは、地球から50,000光年離れた場所にあるマグネターからでした。

これは、ヨハネス・ケプラー氏により観測された超新星以降、銀河で観測された最大の爆発であるとされています。

この爆発は、たった10分の1秒で、太陽がこれまで10万年で放出したエネルギーよりも大きなエネルギーを放出したと言います。

この際に地球が受けた影響はわずかなものでしたが、もしも、このマグネターが地球から近かった場合、影響を考えると怖いですね。

地球のオゾン層を破壊し、地表も強大なエネルギーで破壊されることでしょう。

地球から最も近いマグネターは?

地球から最も近いマグネターは、幸いにも9,000光年離れています。

だからこそ、脅威にさらされずに地球で暮らせているのですね。

スポンサードリンク






Pocket

太陽から届くエネルギー | 地球は太陽に支えられている

Pocket

毎日東から上って西へ沈む太陽。

太陽の光があってこそ私たち人間は地球で暮らす事ができています。

太陽のエネルギーはどこから来る?

太陽の中心は約1500万℃と非常に高温で、水素原子が激しくぶつかり合いヘリウムを生成しています。

この現象は「核融合反応」と呼ばれ、膨大なエネルギーを生み出します。

つまり、この核融合反応が太陽のエネルギーの源になります。

こうして生み出されたエネルギーが、太陽の外へと伝わっていくのです。



太陽の9割が水素

太陽の成分は主に水素とヘリウムです。

その割合は、水素が約92%で、ヘリウムは約8%です。

太陽は、そのたくさんある水素を使って、あと50億年は核融合反応を続けることができると考えられています。

19世紀の終わりまで、ヘリウムは地球には存在せず太陽にしかないと思われていた為、太陽を表すギリシア語の「ヘリオス」から、ヘリウムという名前がつけられました。

地球に届く太陽のエネルギー

太陽で生み出されたエネルギーは、光や太陽風など、様々な形で宇宙へ送り出され、それが地球まで届きます。

その中でも割合が最も大きいのは光のエネルギーであり、地球には約8分で到達します。

しかし、地球に届く太陽のエネルギーは、エネルギー全体のうちわずが20億分の1にしか過ぎません。

太陽は地球のエネルギー源

太陽が生み出すエネルギーは、わずか1日分で人類がこれまでに使ったすべてのエネルギーをまかなえるほどです。

地球が冷たい宇宙の中に存在しながら、適度な温度を保てているのは、太陽からの適度な距離と、太陽から届く適度なエネルギーのおかげなのです。

地球では、太陽の光によって海面が温められ、蒸発した水が上空で冷えて雲を作りやがて雨を降らせます。

葉緑体を持つ植物が、太陽の光を浴びて光合成をすることで栄養を創り出し、その栄養が動物の命を支えています。

地球で暮らす人間や植物、動物にとって太陽のエネルギーは欠かせないものなのです。

太陽エネルギーを利用した発電

太陽から届くエネルギーは発電にも利用されています。

例えば「太陽光発電」は、太陽の光のエネルギーを電気エネルギーに変換する装置です。

自然に生まれるエネルギーを使うほどエコなことはありませんね。

スポンサードリンク






Pocket

【歴史に名を残す人物】車いすの宇宙物理学者ホーキング博士の生涯

Pocket

難病を抱えた「車いすの天才物理学者」と知られているスティーブン・ホーキング博士が76歳でこの世を去りました。

英主要メディアが親族の話として、ケンブリッジの自宅で亡くなったと、2018年3月14日に報じました。

冥福をお祈りいたします。



車いすのホーキング博士

ホーキング博士は、21歳のときに運動ニューロン疾患(MND)の進行により、車いす生活を強いられました。

ただ、医師からは余命2年とも言われていたものの、幸いにも病状の進行が非常に遅かったため今日まで生き続ける事ができ、50年あまりにわたって研究を続けることができました。

その代表的な業績といえば、数学者で宇宙物理学者のロジャー・ペンローズ氏とともに一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホールでは一般相対性理論が破綻するという特異点定理を証明し世界的に名を知られた。

1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表そしました。

量子宇宙論という分野を形作る基を築き上げた第一人者であり、現代宇宙論に多大な影響を与えた人物であります。

このホーキング放射の発表では、科学誌Natureの表紙を飾ることになり、ホーキング博士は一躍全世界にその名前と姿を知られることとなりました。

ホーキング博士の人気は世界中にわたる

1988年に発表された書籍『ホーキング、宇宙を語る』はロンドン・サンデータイムズ紙で長年にわたってベストセラーとなり、20年のあいだに発行数1000万部以上を記録しました。

2014年には、ホーキング博士を献身的に支えた前妻ジェーンとの物語を綴った映画『博士と彼女のセオリー』が公開されました。第87回アカデミー賞では5部門にノミネートされ、博士を演じたエディ・レッドメインが主演男優賞を受賞しています。

ホーキング博士の警告!人類は100年以内に滅びる

近年発展を続けるAIについては博士は懐疑的で、2015年にはアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアック、SpaceX CEO イーロン・マスクらとともにAIを搭載する自律ロボット兵器の開発使用禁止を訴える書簡を国連に提出したりもしていました。

ホーキング博士は、新しい技術が間違った方向に進む可能性があることを強調し、それを扱う人類のあり方について警告を発していたようです。

天才物理学者のアルベルト・アインシュタインもそうだったように、彼と同様にホーキング博士は、科学技術が社会に与える影響を私たち人類が充分に考慮し、正しい方向を向いていることを確実に明確にしていくべきだと指摘しました。

つまり、私たち人間が科学に対する基礎的な理解を持ち、確かな知識に基づいて地球の未来を客観的に考え、意見を表明できる必要があるということです。

博士が、このような発言を繰り返していたのは、まさに、私たち人類に科学への感心を持ってもらい、地球の未来が破滅にならないように警告をしていたためであり、それが科学者としての責務であると自覚していたのだといえます。

スポンサードリンク






 

Pocket

ブラックホールで過去にタイムトラベル出来る? ~相対性理論~

Pocket

理論上、未来へのタイムトラベルは有名な「ウラシマ効果」のように、可能だと考えられています。

では、過去へのタイムトラベルは出来るのでしょうか。

理論上は出来る可能性があると言いまずが、とても難関な旅だと言えます。



2つのブラックホールでつくるタイムマシン

過去へのタイムトラベルは、カルフォルニア工科大学のキップ・ソーン博士らのグループによって考えられています。

それは、ワームホールを使ったタイムトラベルです。

ワームホールとは、ブラックホールを2つつなげたような時空の事をいいます。

2つのブラックホールをつなげる為には、ワームホールをつくり出さないといけません。

タイムトラベルをする際に、事象の地平線の中に入ってしまうと二度と外には出れなくなる為、ワームホールをつくるときには、事象の地平線があらわれないようにくっつけてやる必要があります。

もしも、このやり方が可能であるならば、過去へのタイムマシンをつくる事が出来るというのです。

下記に、ワームホールを使って過去にタイムトラベルする方法を述べています。

 

①ブラックホールを二つつなげて、ワームホールをつくります。2つのブラックホールは同じ時刻で繋がっています。

 

 

 

 

②A地点のブラックホールの入り口をその場に止めておいて、B地点にあるワームホールの入り口を光速近くの速さでCまで運動させてから、元のB地点まで戻します。

 

③アインシュタインの相対性理論によれば、光速やそれに近い速さで運動する物体の時間は遅れます。つまり、静止していたA地点の時刻に比べ、運動していたB地点の時刻は遅れてしまいます。

 

 

 

 

④B地点の入口を往復させ終わった時の時刻をPM19:00だとします。しかし、相対性理論により、B地点の時刻は遅れる為まだPM1:00です。
A地点の入り口にいた人が宇宙船に乗り、PM19:00に出発し、1時間かけてB地点に着き、B地点のワームホールの入り口に入ったとします。

 

 

 

 

 

⑤B地点のワームホールの入り口に入った時刻は、               この人にとってはPM20:00ですが、実際のB地点の時刻は、PM1:00から1時間経過したPM2:00であります。
2つのワームホールの入り口は同じ時刻で繋がっている為、B地点の入り口に入った人はA地点の入り口からPM2:00に飛び出してきます。
PM19:00に出発したはずが、過去にさかのぼってPM2:00に同じ場所に戻ってきたことになるのです。








 

Pocket

【宇宙の謎を分かりやすく説明】ブラックホールは本当に存在するのか ~宇宙の不思議~

Pocket

宇宙で最も奇妙な天体であるブラックホール。

光さえも吸い込んでしまい、吸い込まれると二度と出る事は出来ません。

そんな不思議なブラックホールですが、本当に宇宙空間に存在するのでしょうか。

ここでは、ブラックホールの存在についてお伝えします。



計算上、存在するブラックホール

ブラックホールの存在については、1915年にアインシュタインの一般相対性理論の論文発表によって注目されるようになりました。

そして、その後、ドイツの物理学者のカール・シュヴァルツシルトは、アインシュタインの重力方程式の解を発見しました。

その解とは、球対称で静的な質量分布の外部にできる重力場を記述します。

シュヴァルツシルトは、解を求める際に、光さえも脱出できなくなるほど曲がった時空領域(その半径を「シュヴァルツシルト半径」といいます)の中では、今までの常識では考えられないような事が起こっている事に気づくのです。

理論、計算上は存在が証明されたブラックホールですが、本当に存在するのかは、当時はまだまだ疑問が残りました。

地球外生命体からのメッセージが届いた?

天文学者のジョスリン・ベルは、1967年、クエーサーの探索を研究課題としていました。

その際、ベルは予期しない信号をキャッチしたのです。

それは、連続した無線パルスであり、その間隔は正確に1.337秒だったといいます。

当時、ベルはこのような規則的な信号は、地球外生命体に違いないと考えました。

しかし、その後、この信号は中性子星である事が判明します。

ベルが初めて中性子星を発見して以来、2000を超える中性子星が見つかっています。

ブラックホールの存在は確かである

中性子星のが実在する事が判明すると、ブラックホールへの関心が高まりました。

ブラックホールは直接観測する事が出来ない為、周囲の天体への影響から推測して存在を明らかにする事が出来ます。

ブラックホールの周りを回っている天体があれば、その中心にブラックホールが存在するというわけです。

銀河の中心には、超巨大ブラックホールが存在していると考えられています。

私たちの天の川銀河もそうです。

天の川銀河の中心近くの90の星の軌道を観測したところ、太陽の370万~430万倍の質量を持つブラックホールの存在が示唆されました。

このことから、理論上、計算上だけでなく、観測する事からもブラックホールの存在は明らかになったのです。

スポンサードリンク






 

Pocket

【この世は仮想現実?】ホログラフィック宇宙論 ~宇宙は何で出来ているのか~

Pocket

私たちの宇宙は何で出来ているのか、また、当たり前にある宇宙がもしも当たり前でなかったら…など考えた事はありませんか。

ここでは、宇宙の在り方について一つの説を紹介します。

ホログラフィック宇宙論

ホログラフィック宇宙論とは、「私たちが住むこの3次元の世界は、別の場所にある2次元の世界に記述してある情報を投影したホログラムである」とされる宇宙論です。

つまり、2次元という平面に宇宙の全てが記録してあり、私たちの世界の3次元(縦、横、高さの座標が示す体積)の記述は、その平面の符号化されている内容が、立体の映像として投影されているというのです。

私たちはホログラムで投影された仮想現実の世界に住んでいるという科学者の理論です。

ブラックホールにおいてのホログラフィック理論

物理学者のチャールズ・ソーンは、1978年にひも理論により、低次元での符号化された記述が可能であり、ここから先ほど述べたホログラフィック的と呼ばれるやり方で重力が現れることを見出していました。

ホログラフィック理論は、ブラックホールの「事象の地平面」という境界において生じた理論です。(※「事象の地平面」・・・光が外部に逃れられない範囲の境界面)

宇宙を構成する情報は、この事象の地平面にあるといい、実験的に観察することが困難なほど非常に小さな情報で記録されている…と説明されます。

さらに、ブラックホールに吸い込まれたすべての物体が持つ情報は、「事象の地平面」の表面に完全に極小の状態で含まれることが推測されているといいます。

そのブラックホールの「事象の地平面」に書かれた極小の情報が、この3次元世界に投影され、私たちが存在してるというのです。

この理論では、「数十億光年のスケールで投影されることによって、この極小の情報が拡大される」といわれています。

 

とてつもなくスケールの大きな話ですね。




宇宙の謎を解くカギはブラックホールの謎を解く事であり、さらにブラックホールの謎を解くカギはひも理論にあるという事になります。

私たち生命は最初からプログラムされたものなのか

上記のような理論が成立するならば、私たち生命はプログラムされた登場人物だとという事になります。

ホログラフィック宇宙論を検証する為には、ゲームの登場人物が自分自身について検証し自分の存在を解き明かすくらい難しいということが想像できます。

もしも、私たちの現実世界も、コンピューターシミュレーションで表現された世界なのであれば、検証すべき方法が無いと言っても過言ではない事になります。

スポンサードリンク






 

Pocket

【タイムトラベルは本当に出来るのか】ブラックホールとホワイトホールでワープ出来る? ~理論から検証~

Pocket

「ブラックホール」は、光さえも脱出する事が出来ない奇妙な天体としてよく耳にすると思いますが、「ホワイトホール」もアインシュタインが一般相対性理論で予言した奇妙な天体です。

ブラックホールとホワイトホール

ブラックホールとホワイトホールは、お互いの時間をひっくり返した関係にあるといいます。

例えば、ボールを投げて落下するまでの様子をビデオ撮影し、これを逆回しで再生してみると、逆回しで再生されたボールの運動は、何ら物理法則に反していません。

このように、物理学の世界では、ある現象に対して、時間を反転させた現象も存在するのです。

このことから、ホワイトホールの性質が分かります。

ブラックホールは光さえも飲み込む天体であるのに対して、ホワイトホールは光さえも内部にとどまる事が出来ない天体という事です。

ホワイトホールの内側からは外側に移動できますが、外側から内側に向けては、光でさえも進入できないのです。




ブラックホールとホワイトホールをつなぐ「ワームホール」の存在

そしてブラックホールとホワイトホールの2つの空間をつないでいるのが、「ワームホール」という存在です。

このワームホールをくぐり抜けると、一瞬にして別の空間に移動できるといいます。

ブラックホールからホワイトホールへの一方通行の宇宙タイムトラベルとなります。

ただし、ホワイトホールからブラックホールには決して戻れません。

ブラックホールとホワイトホールがワームホールで繋がっている場合は、通り抜けた先は、私たちのいる宇宙とは別の宇宙になります。

ワームホールは非常に不安定な存在だと考えられており、理論上は通り抜けが可能であっても、実際に物質が通り抜けようとすると、それによって生じたエネルギーの「ゆらぎ」が増幅し、ワームホールはつぶれてしまうと考えられています。

この理由から、ワームホールでのタイムトラベルは不可能といわれているのです。

ワームホールは極めて小さい

アインシュタインの理論によると、ワームホールの存在は明らかなのですが、残念ながらこれまでに実際に発見されたことはありません。

そして、この理論でのワームホールは超極小サイズでしか存在していない為、ほとんど発見不可能なのです。

この理由からも、現在の段階では、ワームホールによるタイムトラベルは不可能という事になるのです。

スポンサードリンク






 

Pocket

【ブラックホールとは】巨大ブラックホールの合体 ~強大な重力空間のしくみ~

Pocket

宇宙には、最も不思議な天体のブラックホールが存在しています。

ブラックホールは、太陽よりも何十倍も重い星が一生を終えた時に出来、光さえも飲み込んでしまう天体です。

ブラックホール周辺の空間は強力な重力でゆがんでおり、光でさえも脱出出来ない為、直接その形を観測する事が出来ません。

ブラックホールの入り口付近では、重力によりガスが円盤状(この円盤を「降着円盤」という)に渦巻き、ガスどうしの摩擦によりX線、ガンマー線、熱を放出しています。

このようにして光を発している大質量の巨大ブラックホールは、「クエーサー」と呼ばれる極めて明るく輝く天体になるといいます。

「クエーサー」のスペクトルは大きな赤方偏移を持っています。(光の波長が可視光でいう赤に近い方にずれている現象です。)

このブラックホールのクエーサーの大きな赤方偏移は、ドップラー効果により光源が地球から極めて高速で遠ざかっていることを意味しています。

この事より、クエーサーは地球から極めて遠い場所に存在することがわかります。




しかしながら、このように極めて遠い場所にあってもクエーサーは明るく見えるため、実際には、典型的な銀河の100倍程度のエネルギーを放出していると考えることができます。

銀河に存在する巨大ブラックホール

私たちが住んでいる天の川銀河にもブラックホールはいくつも存在しています。

そして、銀河の中心には巨大なブラックホールが一つあるのです。

その質量は、太陽の100万倍から数十億倍程度であり、中には210億倍にもなるものも見つかっています。

その半径は30億㎞に達し、太陽系がすっぽりおさまるほどの巨大さなのです。

天の川銀河だけでなく、他の銀河にも中心には巨大ブラックホールが居座っています。

巨大ブラックホールの衝突合体

そして更に、銀河と銀河が渦を巻きながら衝突合体する時、中心にあるブラックホールも合体するというのです。

そのブラックホールが合体した時の重力波の観測に成功し、2017年10月3日、アメリカの物理学者3名が、ノーベル賞を受賞しました。

重力波とは、物体が動くと周りの空間が伸び縮みし、ゆがみが波のように宇宙に広がる現象です。

100年前にアインシュタインが重力波を計算で予測していましたが、研究と技術の発展のおかげで観測に成功しました。

何故ブラックホールは銀河の中心にあるのか、また、ブラックホールの正確な個数や位置など、まだまだ謎が多い宇宙です。

ブラックホールとその重力波の観測によって、これからの宇宙の解明がより進んでいくことでしょう。

スポンサードリンク






 

Pocket