【驚愕】人間は何から出来ているのか ~原子で生まれ変わる

Pocket

人間は何から出来ていると思いますか?

筋肉、骨、血液…。など、様々な回答があると思います。

では、その筋肉、骨、血液は何から出来ていると思いますか?

それは、「原子」です。

ここでは、その人間を形成し、そしてあらゆるものをも形成している原子の不思議についてお伝えします。



あらゆるものを形成している「原子」

かつて、カリフォルニア工科大学の物理学者リチャード・ファインマンは、科学の歴史において「すべてのものは原子で出来ている」と述べました。

原子はあらゆる場所にあり、あらゆるものを形成します。

わかりやすく説明すると、今あなたが手にしているスマホ、パソコン、タブレットやテーブル、椅子、テレビなど、全て原子から形成されています。

上記で挙げた固体に限らず、水や空気なども原子から出来ています。

原子がそのものを機能させるうえでの基本的な配列こそが分子です。

1個の分子は、二個以上の原子が一体となったものであり、安定した配列となっています。

あらゆるものは、この分子の莫大な数から出来ています。

一立方センチメートルの空気あたり、450億個のさらに十億倍の分子が詰まっています。

分子ってどれだけ小さいのでしょうか…。

想像すらつきません。

一立方センチメートルあたりでそれだけの量の分子が存在する中、では、家の外の景色にはどれだけの分子があるのでしょうか。

また、宇宙規模で考えるとどうでしょうか。

とにかく、原子は豊富にあるということが分かります。

人間は「原子」から出来ており、生まれ変わっている

原子は耐久性にすぐれていると言われています。

あなたが所有する原子は、宇宙でいくつかの星のそばを通り、何百万という生命体の一部となってから、あなたを形成するに至っています。

原子単位で考えると、私たちの身体は、おびただしいほどの原子から形成されており、人間が死に至ると、原子は分解し、飛び去って、また新たな活動場所を見つけ出します。

このように、原子は再利用されており、かなり多数の体内原子(多ければ各人十億個ほどの原子)が、かつての歴史上の有名人物の原子である可能性は充分にあるという事になります。

今、あなたの身体を形成している原子が、織田信長だったりチンギスハンだったりするかもしれません。

こういった意味から考慮すると、「人間は生まれ変わる」という発言も間違いではありませんね。

原子は人間だけに限らず、草花の一部や、住宅の一部など、あらゆるものに再生します。

また、それだけに留まらず永遠に移動し続けます。

実際には、原子がどのくらい長く生きられるのかは研究の範囲では分かっていません。

スポンサードリンク






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です