絶対零度とは?~なぜマイナス273度以下はないのか~

Pocket

私たちの生活の中で、「絶対零度」という単語を一度は耳にした事があるかと思います。

この世の中の科学の世界では絶対零度という温度があり、それが宇宙でもっとも低い温度であるとされています。

その絶対零度はマイナス273度です。

ではなぜマイナス273度なのでしょうか。



絶対零度がマイナス273度の理由

1787年にジャック・シャルルが発見、1802年にジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサックによって初めて発表された「シャルルの法則」から推測し考えだされた温度は「絶対零度」と名付けられました。

考えだしたのは、イギリスの科学者のケルビンです。

シャルルの法則とは、一定の圧力の下で、気体の体積の温度変化に対する依存性を示した法則。

詳しく説明すると、「温度が1度上下するにつき、気体の体積は0度のときよりも273分の1減少する」というものです。

このことを元に、ケルビンは「マイナス273度になれば、体積はゼロになるためそれ以上は温度が下がることはない」と主張しました。

現在の物理学では、光(電磁波など)のようにこの世に存在しているものは、何らかの振動、もしくは振動と同じものに置き換えられるものと考えられています。

絶対零度になれば、振動もゼロになると思われがちなのですが、ミクロの世界になるとそういうわけにはいかないのが不思議なところなのです。

不確定原理に依れば、絶対零度でも原子は「零点振動」と呼ばれる振動をしています。

そういった意味では、絶対零度はあくまでエネルギーが最低の状態であり、「静止している」という意味とは異なるということになります。

ちなみに、絶対零度を表示する単位は、ケルビンの頭文字を当ててKと表示します。

スポンサードリンク






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です