【驚愕】宇宙の謎3選に迫る!その②

Pocket

宇宙には、信じられない謎があります。

というか謎だらけと言っても過言ではありません。

ここでは、そのたくさんある中の3つの謎に迫ります。



①パラレルワールドは存在する?

現在の宇宙論が、ビッグバン理論とインフレーション理論を想定する限り、観測不可能な宇宙が存在すると認めざるを得ません。

つまり、ビッグバンから生まれた私たちが住む宇宙領域外は、決して物理的に干渉、観測できないことになります。

物理的に干渉できないのだからこれは別の宇宙であり、パラレルワールド(平行宇宙)であるとするのです。

また、別の考え方もあります。

インフレーションの過程で複数の泡が生じ、それらが独自に成長して無数の宇宙(泡宇宙)が生まれる可能性があります。

「インフレーション」理論とは、宇宙がビッグバンの後に急速に拡大したとする理論でありますが、言い換えると、宇宙はまるで風船のように膨張していったとみなされています。

この理論によって、無数の泡となる宇宙が存在するといった事が示唆されているのです。

②宇宙に果てはあるのか

「閉じた宇宙」とは、宇宙空間の広さは有限であり、果てまで進んでいくともとの位置に戻って来るという考え方であり、「開いた宇宙」とは、宇宙空間は無限に広がり、宇宙の果てという場所は存在しないという考え方であります。

現在、宇宙空間は加速膨張していますが、「閉じた宇宙」は、永久に膨張するのではなくやがて収縮するようになると言われています。

宇宙が収縮することで最終的に宇宙の大きさは「無」となるというのが「閉じた宇宙」であり、収縮に転じるということは宇宙空間は無限大ではなく収縮に転じた地点が宇宙の果てということになります。

「閉じた宇宙」のイメージはボールのような球形の世界に相当します。

ボールの表面のある点をスタート地点とし、ボールの表面を指でなぞっていくとグルリと一周まわり、もとの位置に戻ります。

「閉じた宇宙」のモデルが球体だとすると、「開いた宇宙」は乗馬で使用する「鞍」のような形がモデルとなります。

この2つの説でどちらが正しいのか、それともどちらも間違っているのか、その答えは現在の人間には残念ながら導き出せていません。

私たち人間の住む地球やそれを含む太陽系、天の川銀河などの観測可能な宇宙空間は宇宙全体のほんの一部であり、望遠鏡をはじめとしたあらゆる手段で観測しながらその形容を推測するしかないのです。

③この世は3次元ではなく高次元?

私たちが住むこの世は3次元に時間を加えた4次元です。

しかしながら、この世は現実、10次元だというのです。

私たちの世界に存在する高次元空間があるとしたら、現段階では、私たちが考え得る宇宙の尺度しか使えないので、想像する事すら出来ません。

物質の形や大きさを表す尺度は、縦、横、高さを座標とする3次元空間の指標であります。

縦、横、高さの3つの座標に付け加わる次の座標を、現在の私たちは想像することが出来ません。

高次元の空間において理論物理学者は、10次元空間の中に私たちの住む4次元空間は存在しているといいます。

残りの6次元は極端に小さく、3次元的には見えません。

そして、この6次元は丸く閉じていて、4次元空間に接触しているのです。

スポンサードリンク






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です