【驚愕の惑星!!】宇宙の最強惑星マグネターとは

Pocket

宇宙は、奇妙な星やほぼ解明されていないもので溢れています。

太陽系の惑星や、ブラックホール、銀河などが一般的に知られていますが、それは宇宙のほんの一部にしか過ぎません。

宇宙は、「奇妙」でしかないと言っても過言ではありません。

これは、私たち人類の文明が未熟であるが為の結果であると言えます。

ここでは、その奇妙な宇宙の最強の惑星を紹介します。



宇宙の最強惑星マグネターとは

マグネターという惑星の最大の特徴は非常に重たい星という事です。

どれくらい重いのかというと、マグネターをスプーン1杯分をすくったとき、その重さはギザの大ピラミッド15個分だと言います。

精密な重さは分からないと思いますが、どれくらい重いのかは想像できますね。

また、マグネターは非常に強い磁場を持っており、その磁場は地球上で感じている磁場の2000兆倍にも及ぶと言われています。

そして、その磁場の減衰をエネルギー源として、電磁波等を放射する中性子星です。

しかし、なぜ、このような奇妙な惑星が宇宙に存在するのでしょうか。

マグネターの出来上がる過程とは

星が長い期間を過ごし寿命が来ると、自らの重力に耐え切れなくなり、超新星爆発が起こります。

そして残った中心核は、中性子星に生まれ変わります。

中性子星は中心に収縮され極めて小さくなり、エネルギーは小さくならずに保存される為、回転速度が速くなります。

今まで観測されたものの中で一番スピードが速かったものは、なんと、1秒間で716回転なのです。

目に見えぬ次元を超えた速さですね。

これは、光速の速さと同じだそうです。

そして、この中性子星の自転が極めて速いと強力な磁場が作られます。

このような磁場の強く非常に重い星がマグネターとなるのです。

マグネターに近づくとどんな事が起こるのか

マグネターまでの距離が1000kmの地点まで近づいた時、磁場は極めて強力になり、人間の身体の原子レベルまで影響を与えます。

その原子は極めて薄い棒状に引き延ばされ、最終的には引き裂かれます。

有名なブラックホールと現象は同じですが、レベルが違うという事なのでしょう。

マグネターでの地震

マグネターは星震と呼ばれる地震と似たような現象を起こします。

マグネターの地殻に亀裂が入ると、銀河の反対側からでも影響を受けるほどの巨大な放射線の爆風を放出します。

地球が最も強い星震の影響を受けたのは、地球から50,000光年離れた場所にあるマグネターからでした。

これは、ヨハネス・ケプラー氏により観測された超新星以降、銀河で観測された最大の爆発であるとされています。

この爆発は、たった10分の1秒で、太陽がこれまで10万年で放出したエネルギーよりも大きなエネルギーを放出したと言います。

この際に地球が受けた影響はわずかなものでしたが、もしも、このマグネターが地球から近かった場合、影響を考えると怖いですね。

地球のオゾン層を破壊し、地表も強大なエネルギーで破壊されることでしょう。

地球から最も近いマグネターは?

地球から最も近いマグネターは、幸いにも9,000光年離れています。

だからこそ、脅威にさらされずに地球で暮らせているのですね。

スポンサードリンク






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です