【夏の天体観測】夏の星座の見つけ方 ~夏休みの科学研究~

Pocket

夏の星座と言えば、さそり座。

そして、「夏の大三角」も有名です。

さそり座と、天頂近くに輝く「夏の大三角」の見つけ方をお伝えします。



夏の全天

東の空には「夏の大三角」が、南の下の方の空には、夏の代表的な星座「さそり座」が輝いています。

夏の大三角を探そう!

頭の真上あたりで、一番明るい星を探してみてください。

それが、七夕の織姫星として知られる、1等星のベガです。

ベガが分かれば、そこは「こと座」です。

ベガから目を下に向けると(南の方を見ると)、やや明るい星があります。

これが彦星のアルタイル、「わし座」です。

アルタイルとベガと三角形を作るような場所にある白い星が、「はくちょう座」のデネブです。

①はくちょう座のデネブ

デネブは、1等星の中では暗いほうです。

いきなり探すより、ベガとアルタイルをまず見つけて、この2つの星と三角形を作る星を探すと良いでしょう。

「デネブ」は、「しっぽ」という意味で、はくちょう座のしっぽの部分で光っています。

②わし座のアルタイル

彦星として知られるアルタイルは、織姫星のベガより少し暗い1等星です。

ベガから、天の川を渡った反対側にあります。

両側に3等星があり、3つ並んでいるのも目印です。

「アルタイル」は、アラビア語で「飛ぶワシ」という意味で、両側の星をつばさと見立てています。

③こと座のベガ

白く明るいベガは、七夕の織姫星として知られています。

夏の夜には、ほぼ頭の真上で見られます。

「ベガ」は、アラビア語で「落ちるワシ」という意味です。

さそり座と南斗六星を探そう!

さそり座は夏の初めから終わりにかけて見えやすい星座です。

南のやや低い空を見ると、赤くて明るい星が見えます。

それが、さそり座の1等星アンタレスです。アンタレスは、「さそりの心臓」と呼ばれており、明るく見つけやすい星です。

アンタレスから東に、S字の形に並んでいるのがさそり座です。

そのさそり座の東側にあるのが、いて座になります。

いて座には、南斗六星があるので見つけてみましょう。

「アンタレス」には「火星に対抗するもの」という意味があり、同じく赤色の火星を赤い色を競っているようだという事から、そのような名前が付けられたのです。

さそり座の尾の先にある星は、シャウラとレサトといい、2つならんで輝くことから、昔の日本では「おとどい星(兄弟星)」と言われていました。

スポンサードリンク






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です