【歴史に名を残す人物】車いすの宇宙物理学者ホーキング博士の生涯

Pocket

難病を抱えた「車いすの天才物理学者」と知られているスティーブン・ホーキング博士が76歳でこの世を去りました。

英主要メディアが親族の話として、ケンブリッジの自宅で亡くなったと、2018年3月14日に報じました。

冥福をお祈りいたします。



車いすのホーキング博士

ホーキング博士は、21歳のときに運動ニューロン疾患(MND)の進行により、車いす生活を強いられました。

ただ、医師からは余命2年とも言われていたものの、幸いにも病状の進行が非常に遅かったため今日まで生き続ける事ができ、50年あまりにわたって研究を続けることができました。

その代表的な業績といえば、数学者で宇宙物理学者のロジャー・ペンローズ氏とともに一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホールでは一般相対性理論が破綻するという特異点定理を証明し世界的に名を知られた。

1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表そしました。

量子宇宙論という分野を形作る基を築き上げた第一人者であり、現代宇宙論に多大な影響を与えた人物であります。

このホーキング放射の発表では、科学誌Natureの表紙を飾ることになり、ホーキング博士は一躍全世界にその名前と姿を知られることとなりました。

ホーキング博士の人気は世界中にわたる

1988年に発表された書籍『ホーキング、宇宙を語る』はロンドン・サンデータイムズ紙で長年にわたってベストセラーとなり、20年のあいだに発行数1000万部以上を記録しました。

2014年には、ホーキング博士を献身的に支えた前妻ジェーンとの物語を綴った映画『博士と彼女のセオリー』が公開されました。第87回アカデミー賞では5部門にノミネートされ、博士を演じたエディ・レッドメインが主演男優賞を受賞しています。

ホーキング博士の警告!人類は100年以内に滅びる

近年発展を続けるAIについては博士は懐疑的で、2015年にはアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアック、SpaceX CEO イーロン・マスクらとともにAIを搭載する自律ロボット兵器の開発使用禁止を訴える書簡を国連に提出したりもしていました。

ホーキング博士は、新しい技術が間違った方向に進む可能性があることを強調し、それを扱う人類のあり方について警告を発していたようです。

天才物理学者のアルベルト・アインシュタインもそうだったように、彼と同様にホーキング博士は、科学技術が社会に与える影響を私たち人類が充分に考慮し、正しい方向を向いていることを確実に明確にしていくべきだと指摘しました。

つまり、私たち人間が科学に対する基礎的な理解を持ち、確かな知識に基づいて地球の未来を客観的に考え、意見を表明できる必要があるということです。

博士が、このような発言を繰り返していたのは、まさに、私たち人類に科学への感心を持ってもらい、地球の未来が破滅にならないように警告をしていたためであり、それが科学者としての責務であると自覚していたのだといえます。

スポンサードリンク






 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です