【宇宙人はいるのか?】「Wow!シグナル」宇宙人からのシグナル

Pocket

この広大な宇宙に地球人以外の宇宙人は存在するのでしょうか。

一度位はそんなことを想像したことがあるのではないでしょうか。

1977年、科学者たちは、宇宙人からのメッセージと思われる信号をキャッチする事に成功しました。

それは「Wow!シグナル」と呼ばれるものです。



「Wow!シグナル」とは

1977年8月15日、SETI(地球外知的探索)のプロジェクトの観測に携わっていた、オハイオ州率大学のジェリー・R・エーマンが、ビックイヤー電波望遠鏡で宇宙からの謎の電波信号をキャッチしました。

その信号は恒星間の通信での使用が予想される信号の特徴をよく表していました。

また、地球の電波が人工衛星に撥ね返ってきたものではない根拠として、その信号は水素原子の電波とされ、それは地上で使用が禁じられているものでした。

この水素線の周波数は、電波天文学のために「保護されたスペクトル」で、地球で製造された送信機はこの周波数の電波を送信することを禁じられていたのです。

そのため、どこかで反射したという可能性はありません。

通常の電波の表示は1~3であり、高くても7位までですが、それが急に「6EQUJ5」という奇妙な高い数字に跳ね上がったのです。

その謎の信号は72秒も続きました。

とても驚いたエーマン氏が受信データのプリントに「Wow!」と書き記したことから、この謎の信号が「Wow!シグナル」と呼ばれているのです。

またその後の調査で、この信号はいて座の領域からきていることが分かりました。

Wow!シグナルは狭い周波数に集中した強い信号で、条件を見ていくと太陽系外の地球外生命によって送信された可能性が高いとされています。

今に至るまで地球外生命体(宇宙人)がいることを示す最も有力な手がかりとされているが、残念ながらその起源は謎のままであります。

その後も、地球外生命体の探査はなされ、数十年に渡って同じ信号(または類似の別な信号)をキャッチしようとが試みが続けられてきましたが、結局何もとらえられず失敗に終わりました。

エーマン氏はこう言い残しています。

「それは私が今まで見た中で最も奇妙な信号でした」と。

スポンサードリンク






 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です