【宇宙がゴミに侵される?】スペースデブリとは ~宇宙空間に浮かぶゴミ~

Pocket

宇宙空間に、ゴミがたくさん浮いているのを知っていますか。

この宇宙に浮かぶゴミを「スペースデブリ」といいます。



宇宙にはたくさんのスペースデブリが存在する

宇宙にはこれまで7000機以上もの人工衛星や探査機が打ち上げられ、この時に使用されたロケットの一部や、故障等によって発生した破損部分や、寿命で運用が終わった人工衛星などが、今現在も宇宙空間にそのまま残されています。

更には宇宙飛行士が落とした手袋、工具なども、宇宙空間に残されているのです。

スペースデブリの大きさは、数㎜~数ⅿとさまざまです。

 

ロケットや人工衛星や探査機の残骸がそのまま残っていれば、小さな「スペースデブリ」は出ないはずなのですが、何かの拍子に衝突したり、バラバラになったりするので、細かい破片などもたくさん生まれてしまうのです。

大きさ10㎝以上のものは、地上から監視してその軌道を正確に把握しています。

スペースデブリは、多くは大気圏へ再突入し燃え尽きましたが、現在、監視されているものだけでも約2万2000個もあるようです。

さらに、監視できない数㎝のものから1㎜程度のものまで含めると、その数は「1億個にも及ぶ」と言われています。

地球の周りは、宇宙開発で発生したゴミが大量に浮遊する「デブリ危険地帯」となっているのです。

スペースデブリは国際的な問題になった

2007年に中国が衛星破壊実験を実施し、デブリを一気に2500個以上も増やしたことと、2009年にアメリカの衛星「インジウム」と、ロシアの衛星「コスモス」が衝突して数千個にも及ぶデブリが発生しました。

このことによって、世界中がスペースデブリの問題により関心を向けるようになったと言います。

「宇宙空間にたくさんのゴミが、フワフワ浮いている」というイメージがあるかもしれませんが、実際はそうではありません。

デブリは小さくても地球の重力に捕らわれる事なく、地球を周回しているということは、秒速7~8㎞の猛スピードで動いていることになります。

もしも、デブリがISSや運用中の人工衛星や探査機に衝突したら、機体は大破したり、ISSの中にいる人の命が危険にさらされたりする可能性もあるのです。

現在、デブリ同士が衝突して、新たにデブリの数が増えていることも分かっています。

人間が増やしてしまった宇宙のゴミを、どのように減らしていくかは人間にかかっています。

スペースデブリの問題は、私たち人類の共有財産である宇宙をどうやって使っていくか、という問題でもあります。

世界中の問題として、国際的な協力が重要になってくるでしょう。

スポンサードリンク






 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です