【分かりやすく説明】なぜ宇宙には空気がないのか ~宇宙の不思議~

Pocket

宇宙は真空状態です。

宇宙に行った人間が、宇宙服を着てぷかぷか浮かんでいる画を目にした事があるのではないでしょうか。



宇宙が真空状態である理由

宇宙には空気はありませんが、地球には空気は存在します。

地球の空気の成分は、約80%が窒素、約20%が酸素、その他、アルゴンや二酸化炭素などがわずかに含まれています。

また、金星や火星には、地球の空気とちがって、二酸化炭素が割合を占めています。

また、金星や火星より小さな水星や月には空気がありません。

なぜなら、地球と比較すると、水星や月の引力は弱い為、表面に空気を引き付けておく事が出来ないからなのです。

つまり、空気は、引力の強い星の表面だけに存在するのです。

引力の弱い星や、星間では空気は存在しないのです。

地球表面を覆う大気の成分

地球に存在する空気は、窒素と酸素が主成分であるとお伝えしました。

この2つのガスのうち、酸素はもともと地球の空気中にはなく、後から地球に住む植物によって作られたものです。

宇宙の中で地球が造られ、そこに生命が誕生し、その中から太陽の光を受けて、二酸化炭素を酸素に変える植物が生まれました。

地球に存在する空気は、実は地球に住むの生物が徐々に変えていったものなのです。

つまり、地球以外の星には、地球と同じ空気はないという事です。

スポンサードリンク






 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です