【分かりやすく説明】月はなぜ満ち欠けするのか ~月の満月と新月~

Pocket

夜空に浮かぶ綺麗な月。

満ち欠けする月には神話や言い伝えられる謎があり、とても神秘的な存在であります。

では、月はなぜ満ち欠けするのでしょうか。

ここでは、月の満ち欠けのメカニズムについてお伝えします。



月の見え方が変化するのはなぜなのか

月は明るく見える部分の形によって、「新月」、「上弦の月」、「満月」、「下弦の月」など、地球から見た形は様々であります。

月が明るく見えるのは、自ら発光しているのではなく、太陽の光を反射している為です。

太陽と地球、月との距離は充分に遠い為、太陽の光は平行に当たると考えられており、太陽の方向に向いている月の半分は、常に太陽光を反射して輝いている事になります。

では、なぜ月の満ち欠けという現象が起こるのかというと、月が地球の周りを公転しているからなのです。

地球から見て月と太陽が同じ方向にあるときは、太陽の光が反射する部分は地球から観測出来ない為、月は闇に包まれた「新月」となります。

反対に、地球が月と太陽の間にあるときは、太陽の光が反射する部分が地球から観測出来る全ての面になる為、月は「満月」となるのです。

このように、太陽と地球と月の位置関係によって、月の満ち欠けという現象が起こるのです。

月が同じ面しか見せない理由とは

月は常に同じ面しか地球に見せていません。

これは、月の公転周期と月の自転周期が等しい(どちらも約27.3日)為に起こる現象です。

つまり、月は地球の周りを一周する間に、月自身も1回自転しているので、地球からは常に同じ面しか観測出来ないのです。

太陽系において、月以外でこのような現象(母星からは同じ面しか観測出来ない現象)が見られる衛星はいくつかあります。

・火星のフォボス、ダイモス

・木星のイオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト

・土星のタイタン

この公転周期と自転周期の一致は偶然ではなく、惑星と衛星の間に働く潮汐力によって、衛星の自転速度が調整された結果なのです。

スポンサードリンク






 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です