【宇宙には別の宇宙がある?】並行宇宙論(パラレルワールド)とは

Pocket

私たちが住んでいるこの宇宙は、たった一つだけの宇宙なのでしょうか。

私たちの宇宙以外に、別の宇宙があるとしたらどうでしょう。

しかも複数存在するとしたら。

ここでは、そんな奇妙な宇宙論についてお伝えします。



人間の常識を超えた宇宙がある

「宇宙は多数存在する」と考える理論を「並行宇宙論」、「多重宇宙論」などと呼び、そういった宇宙を「パラレルワールド」と言います。

私たちの住んでいる宇宙は、たくさんある中のひとつにすぎないという理論です。

人間の常識からすると奇妙な理論であり、映画の中の世界観のように聞こえます。

実際に人間の目で確かめる事の出来ないこの例は、かつてはサイエンス・フィクションの世界の話として受け取られていました。

しかし、近年、現代物理学を追求していくと、この奇妙な宇宙観は決して単なるサイエンス・フィクションとは言えないのが現状である。

さらに、別の宇宙では、それぞれ異なる時空や物質、エネルギー、物理法則などが存在する可能性もあるというのです。

つまりは、別の宇宙があるとすれば、それは、私たちの宇宙とは全く異なった、私たちの常識などまるで通用しない宇宙が存在するという事なのです。

なぜ、平行宇宙論が有力な理論となったのか

では、なぜ並行宇宙論が有力とされてきたのでしょうか。

その理由を挙げてみます。

①インフレーション理論から導く理論

現在の宇宙論が、ビッグバン理論とインフレーション理論を想定する限り、観測不可能な宇宙が存在すると認めざるを得ません。

つまり、ビッグバンから生まれた私たちが住む宇宙領域外は、決して物理的に干渉、観測できないことになります。

物理的に干渉できないのだからこれは別の宇宙であり、平行宇宙であるとするのです。

②複数の泡によるもの

インフレーションの過程で複数の泡が生じ、それらが独自に成長して無数の宇宙(泡宇宙)が生まれる可能性があります。

「インフレーション」理論とは、宇宙がビッグバンの後に急速に拡大したとする理論でありますが、言い換えると、宇宙はまるで風船のように膨張していったとみなされています。

この理論によって、無数の泡となる宇宙が存在するといった事が示唆されているのです。

③多世界解釈

量子力学の解釈の一つで波動関数から確率的に導かれるあらゆる解釈を想定し、すべての解に対応した宇宙の存在があるとする理論です。

④多次元によるもの

我々が住む宇宙は、4次元(3次元+時間の1次元)よりも多くの次元を持つ空間(バルク)に浮かぶたったの3次元の膜(ブレイン)の一つに過ぎないとする理論です。

そのような理論から、バルク内に複数のブレインがあることが導かれます。

スポンサードリンク






 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です