【分かりやすく説明】救急車が通り過ぎる時になぜ音が変わるのか ~ドップラー効果~

Pocket

救急車が通り過ぎる時に音が変わりますよね。

なぜそうなるのでしょうか。

ここでは、音のしくみについてお伝えします。



ドップラー効果について

救急車が自分の前を通り過ぎる時、救急車のサイレンの音を聞くと、通り過ぎる前は高い音に聞こえ、通り過ぎた後は低い音に聞こえます。

観測者と音源が互いに近づいたり遠ざかったりするときに音の高さが変わる事(波の周波数が異なる事)をドップラー効果といいます。(※周波数とは、交流電流または音波や電波などの1秒あたりに起きる振動回数の事。)

音の発生源が近づく場合は、波の振動が詰められて周波数が高くなり、逆に遠ざかる場合は、波の振動が伸ばされて周波数が低くなります。


音を聞くという事は、空気を通ってきた波を聞いているのです。

スポンサードリンク






 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です