【分かりやすく説明】テレビはなぜ映像が映るのか ~光と電気の不思議~

Pocket

日常で何気なく見ているテレビですが、なぜ離れた所の映像が映るのでしょうか。

ここでは、テレビの映り方についてお伝えします。



撮影された映像は、電気信号に変換される

テレビ局ではテレビカメラで撮影された映像を、電気的な信号に変え、テレビ局のアンテナから電波に変えて各家庭のアンテナへと送信します。これを家庭の受像機で映しだすことによって、テレビで映像が見れるというわけなのです。

画像は光の点の集まりだった

実は、テレビでは画像をごく小さな光の点の集まりとして映し出しています。

画面には細い線がたくさん並んでおり、その線は明るい部分と暗い部分で出来ています。

このテレビの画面にある光の線、これは走査線といい、全部で525本あります。(テレビ放送では、1画面の映像を一度に送ることが出来ないので、細い横線に分解して送っています。)

そして、この線の上を光が走り抜けているのですが、この光の動きは1秒間に30回行われています。

つまり、1秒間に30枚の画を映し出しています。

このとき、実は前後の映像の走査線を半分ずつ組み合わせて映像が表示されているのです。

たとえば、1画面の奇数番号の走査線は、次の画面の偶数番号の走査線と合わせて1画面として表示されているのです。

このように、1秒間に30枚の画を映すという、目に見えぬ速さで静止している画を映し出している為、画像は途切れることなく連続して動いて見えるのです。

そして、この走査線は1次元の電気信号列に変換し、その信号を無線または有線の伝達方法で伝送し、受信側で1次元信号列を2次元に変換して、受け取る側で再度組み立てる事で元の映像をテレビの画面に映し出しているのです。

スポンサードリンク






 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です