【分かりやすく説明】宇宙はどんな構造になっているのか ~宇宙の不思議~

Pocket

私たちの宇宙は広大で神秘的なイメージですが、一体どんな構造になっているのでしょうか。

ここでは、宇宙の構造ついてお伝えします。

光のない宇宙の暗黒時代

今から約138億年前にビッグバンが起こり、その約38万年後に「宇宙の晴れ上がり」を迎えた宇宙は、その半径は4100光年しかありませんでした。

そこから宇宙は急激に膨張しますが、最初の恒星が誕生するまでには数億年かかりました。

恒星のような自ら光を放つ天体が全く存在しなかった期間を「宇宙の暗黒時代」と呼んでいます。

それから徐々に宇宙に光る天体が増えていき、やがて銀河が形成されていきます。

しかし、どのような過程で銀河が形成されたのかは、未だ解明されていません。

ただし、宇宙が誕生して8億年後には、銀河と呼べる天体の集団が存在していたことが、観測によって明らかになっています。

銀河同士の衝突

宇宙には様々な形状や様々な大きさの銀河があります。

その銀河の中心には、超巨大のブラックホールが観測されています。

多くの銀河の中心には、超巨大ブラックホールの存在が確認されている為、すべての銀河の中心に超巨大ブラックホールを持っているのではないかと考えられています。

これまでに観測されている銀河の中で最も大きな銀河は、直径が600万光年(天の川銀河の60倍)の大きさです。

このような巨大銀河は、銀河同士の衝突によって生まれたのだと考えられています。



石けんの泡のような宇宙の大規模構造

宇宙には様々な大きさや形を持つ無数の銀河が存在していますが、それらは宇宙の中で均一に分布しているわけではありません。

銀河は重力の影響でお互いに引き付け合い群れを成しています。

一般に、数個から数十個程度の銀河の集団を銀河群といいます。

一方、半径1000万光年程度の範囲に、数十~数千個の銀河集まっている集団を銀河団といいます。

そして、こうした銀河群や銀河団が集まって出来た集団を「超銀河団」と呼んでいます。

超銀河団は平面状の分布を持っていることから、「グレートウォール」と言われています。

グレートウォールと別の超銀河団のグレートウォールとの間には、「超空洞(ボイド)」という何もない領域が存在します。

このように銀河やボイドが複雑に入り組んだ構造のことを「宇宙の大規模構造」と呼びますが、その状態がまるで石けんで出来た泡のように見える事から、「宇宙の泡構造」と表現されることもあります。

スポンサードリンク






 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です