【黒ってどんな色?】「黒」という色の正体とは何か ~色の性質~

Pocket

私たちが普段何気に見ている色は、なぜそんな色に見えるのだろうか。

光には色が含まれていますが、では、「黒」に見える色とはどんな色なのでしょうか。

「黒」色の種類は2つある

物体に光が当たった時、その向こう側には影が出来ます。

その影は「黒」です。

また、絵の具の色々な色を混ぜていくと、「黒」色が出来上がります。

言い換えると、黒という色には、光が当たらない時の黒い色と、色を混ぜた時の黒い色の2つがあるという事です。

これは、「光の3原色」と「色の3原色」に関わりがあります。



あらゆる色は光の3原色から合成できる

太陽の光には、色々な色が含まれますが、人の目のセンサーは、赤、緑、青の3色しかありません。

よって、人は、この3色のセンサーであらゆる色を識別しています。

例えば、赤と緑の光を同時に感じると黄色に、赤、緑、青の3色がそろうと白に、そしてどんな色も感じないと黒に識別します。

このように、「光の3原色」を元に私たちは色を区別しているのです。

 

では、色ガラスの向こうから白い光を照らしたとします。

もしもガラスが青く見えたら、そのガラスは青の光のみを通したという事になります。

赤と緑の光は、ガラスに吸収されてしまったというわけです。

物体の色は反射する光の色で決まる

赤、青、黄の色があれば、どんな色でも作れます。

正しくは、赤ではなく「マゼンタ」、青ではなく「シアン」、それに黄色を加えた3色です。

これが、「色の3原色」です。

カラーで印刷されるもののほとんどが、この3色に黒を加えた4色で刷られています。

マゼンタとシアンを混ぜれば紫、シアンと黄色なら緑というように、この3色でほぼ全ての色が作る事が出来ます。

光の3原色との大きな違いは、光の3原色では光を混ぜるほど白に近づいていきますが、色の3原色では混ぜれば混ぜるほど黒に近づいていくという事です。

色の3原色を絵の具に例えてみますと、絵の具はそれぞれの色で吸収する光の色が決まっており、そしてその絵の具に吸収されずに反射された色が、その絵の具の色として見えているのです。

私たちが見ている黒色

絵の具を混ぜるという事は、吸収する光の色が多くなるという事です。

言い換えると、色を混ぜれば混ぜる程、光を吸収しやすくなるという事なのです。

そして、最終的に光を反射しなくなるまで混ぜると、「黒」の色に見えるのです。

「黒」という色は、私たちの目に光が来ない状態になるという事です。

スポンサードリンク






 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です