【タイムトラベルは本当に出来るのか】ブラックホールとホワイトホールでワープ出来る? ~理論から検証~

Pocket

「ブラックホール」は、光さえも脱出する事が出来ない奇妙な天体としてよく耳にすると思いますが、「ホワイトホール」もアインシュタインが一般相対性理論で予言した奇妙な天体です。

ブラックホールとホワイトホール

ブラックホールとホワイトホールは、お互いの時間をひっくり返した関係にあるといいます。

例えば、ボールを投げて落下するまでの様子をビデオ撮影し、これを逆回しで再生してみると、逆回しで再生されたボールの運動は、何ら物理法則に反していません。

このように、物理学の世界では、ある現象に対して、時間を反転させた現象も存在するのです。

このことから、ホワイトホールの性質が分かります。

ブラックホールは光さえも飲み込む天体であるのに対して、ホワイトホールは光さえも内部にとどまる事が出来ない天体という事です。

ホワイトホールの内側からは外側に移動できますが、外側から内側に向けては、光でさえも進入できないのです。




ブラックホールとホワイトホールをつなぐ「ワームホール」の存在

そしてブラックホールとホワイトホールの2つの空間をつないでいるのが、「ワームホール」という存在です。

このワームホールをくぐり抜けると、一瞬にして別の空間に移動できるといいます。

ブラックホールからホワイトホールへの一方通行の宇宙タイムトラベルとなります。

ただし、ホワイトホールからブラックホールには決して戻れません。

ブラックホールとホワイトホールがワームホールで繋がっている場合は、通り抜けた先は、私たちのいる宇宙とは別の宇宙になります。

ワームホールは非常に不安定な存在だと考えられており、理論上は通り抜けが可能であっても、実際に物質が通り抜けようとすると、それによって生じたエネルギーの「ゆらぎ」が増幅し、ワームホールはつぶれてしまうと考えられています。

この理由から、ワームホールでのタイムトラベルは不可能といわれているのです。

ワームホールは極めて小さい

アインシュタインの理論によると、ワームホールの存在は明らかなのですが、残念ながらこれまでに実際に発見されたことはありません。

そして、この理論でのワームホールは超極小サイズでしか存在していない為、ほとんど発見不可能なのです。

この理由からも、現在の段階では、ワームホールによるタイムトラベルは不可能という事になるのです。

スポンサードリンク






 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です