【分かりやすく説明】宇宙に「果て」はあるのか ~加速膨張する宇宙~

Pocket

「宇宙に果てはあるのか」という事を考えたことはありますか?

宇宙は無限に加速膨張していると常識的に言われていますが、果たして加速膨張しているその先には何があるのでしょうか。

宇宙の「果て」はどこまでなのかお伝えします。




宇宙は有限なのか?それとも無限なのか?

宇宙は無限に加速膨張しているとの常識が広まっていると言いましたが、厳密にいえば、宇宙が無限か有限なのかは明らかになっていません。

宇宙を風船に例えると、今はどんどん膨らんでいる状態と言えます。

しかも大きくなる速度を増しながらです。

しかしながら、その風船の外側がどうなっているのかは誰にも分かりません。

したがって、無限とも有限とも言い切れないのが現状です。

現在、私たちが分かっている事といえば、【私たちが宇宙と認識できる「果て」が存在する】という事であり、残念ながら、その他の外の世界は誰にも分からないという事です。

観測可能な範囲の「宇宙の果て」

「宇宙の果て」の観測方法は、地球に届く光を観測する事により可能になります。

光の性質により、物質を見るという事は反射した光を見ているという事であり、過去の物質を見ているという事になります。

例えば、あなたが望遠鏡で1億光年先の天体を観測したとします。

あなたが見たその天体の光は、1憶年かけて地球に届いた光であり、あなたが見ている星は1億年前の過去の姿のものです。

もしも、138憶光年離れた場所の天体を観測すれば、それは138億年前の光という事であり、宇宙が誕生したのは138億年前と考えられている為、観測した天体は宇宙の誕生直後に出来た天体と言えます。

では、138憶光年よりももっと先の天体を見ようとした場合はどうなるのでしょうか。

そもそも138憶年前には、宇宙が誕生する前で存在していない為、何も見る事が出来ません。

科学の技術が飛躍的に発達したとしても、それより先は絶対に観測出来ない「観測の限界」であり、そこが「宇宙の果て」となるのです。

だから、宇宙が誕生する前の事は何も分かっていないし、これからも分からないのです。

現在、宇宙は加速膨張しており、138億光年離れた場所に見つけた天体は、138億年経過する間にさらに遠くへ、460億光年も移動し離れていくといいます。

このことから、「宇宙の果て」は、地球から半径460億光年の円を構成する範囲までとなるのです。

観測できる限界があり、それよりも外側は解明できないなんて残念ですね。

スポンサードリンク






 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です