【宇宙への行き方】エレベーターで宇宙へ行く日が来る? ~近年の宇宙開発~

Pocket

エレベーターと言えば、ビルやデパートやショッピングモールなどのエレベーターを思い浮かべるでしょう。

現在はそのイメージが強いエレベーターですが、将来、エレベーターで宇宙へ行く日が来るかもしれないのです。

ロケットでの打ち上げは非効率

現在、私たち人間が宇宙へ向かう為にはロケットを打ち上げるしか方法はありません。

ロケットを打ち上げ宇宙へ向かうには、まず地球の周回軌道上に乗らなければなりません。

その為には、膨大な量の推進剤を燃焼させなければならないのです。

一般的なロケットの場合、全質量の約90%がその推進剤の重さとなり、どんなに大きなロケットでも、割にわずかな量の荷物しか運べないのです。

しかも、ロケットを打ち上げる為の費用が莫大となります。

1回の打ち上げ費用は、約110億~150億円と言われています。

この理由から、ロケットの打ち上げは、非常に効率が悪いのです。




宇宙へ続くエレベーターの実現は?

効率の悪いロケットではなく、他に効率良く簡単に宇宙へ行ける方法はないものだろうか…と考えた人物が、旧ソ連の科学者のユーリ・アルツターノフです。

彼は、宇宙へ効率良く行く方法は、「宇宙エレベーター」だと主張しました。

宇宙エレベーターは、地表から約3万5800㎞上空にある静止軌道上に、宇宙ステーションを建設し、そこから上下にケーブルを伸ばします。

下に伸びたケーブルな、地上に建設した「アースポート」に固定し、上に伸びたケーブルの先にはバランスを取る為に「ウエイト」を取り付けます。

そして、クライマーと呼ばれる輸送機器に人や荷物を載せて昇降するというシンプルな構造です。

宇宙エレベーターの全長は、5万~10万㎞になると考えられています。

この方法なら、ローコストで安全に宇宙へ行く事が出来、しかも、人を選ばず、老若男女も問う事なく誰でも宇宙へ行けるようになると期待がかかっています。

 

かつては、宇宙エレベーターを建設する上で必要な強度を持つ素材が存在しなかった為、実現は不可能だと考えられてきましたが、1991年に炭素原子が六角形の格子状に結合する「カーボンナノチューブ」が発見され、この計画が実現される可能性が出てきました。

炭素と炭素の結合は、強い結合を意味します。

六角形の構造の結合は、強靭なうえに中は空洞で軽いので、宇宙エレベーターの建設にとって、とても現実味のある素材となります。

この素材の発見により、夢を見ていた宇宙エレベーターの実現への道は一気に開けました。

今後の研究開発に大いに期待したいですね。

スポンサードリンク






 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です