【太陽系の中で一番大きい木星】太陽系の木星の特徴とその謎 ~宇宙の太陽系~

Pocket

太陽系の中で、質量と大きさが最大の惑星が木星です。

木星は太陽系にある惑星の1つであり、内側から5番目の公転軌道を周回している第5惑星です。

木星の特徴

木星は、水素とヘリウムのガスを主成分としており、木星型惑星(巨大ガス惑星)に分類されます。

直径:142,984Km (地球の11倍)

重さ:地球の約318

太陽からの距離:7億7830万km(地球と太陽の距離の約5.2倍)

自転周期;9.9地球時間

公転周期:11.9地球年

衛星の数:67

木星の温度:平均-144度

太陽からの距離:7億8000万km

木星の衛星:62個




木星の外観

木星の表面は絶え間なく嵐が吹いている為、複雑な模様を描いています。

大赤斑と呼ばれる赤い斑点が特徴的です。

巨大な台風と考えられていますが、少なくとも近年180年以上消えたことがないといいます。

なぜこのような斑点が出来るのか、また、なぜ消えないのかは未だに解明されていません。

 

また、自転にがとても速い為、その力は木星の形状にも影響を与え、赤道の直径が自転軸の直径よりも7%程度 (9275 km) 膨らんでいます。

木星は第2の太陽??

木星の大気は90%が水素、10%がヘリウムで構成されています。

実は、この大気の割合は、太陽にそっくりなのです。

もう少し木星が大きかったら第2の太陽になっていたかもしれません。

 

では、何故太陽のように自ら輝く恒星にならなかったのでしょうか。

 

太陽のように自ら輝く光を放出する為には、太陽のように大きな質量が必要であり、中心部で核融合をする必要があります。

木星は質量が足りない為、太陽のようにはなれなかったのです。

木星の衛星とリング

木星の衛星のうち大きい方から4つ、イオ・エウロパ・カリスト・ガニメデは、17世紀にガリレオ・ガリレイが木星を観測した時に発見したもので、ガリレオ衛星と呼ばれています。

また、ボイジャー1号によって、木星にリングが発見されました。

リングと言えば土星のイメージが強いのですが、木星にもあるのです。

木星にまつわるギリシャ神話

ギリシャ神話では、木星ジュピターの神ゼウスは最高の神であり、全知全能の存在であります。

全宇宙や天候を支配し、人類と神々双方の秩序を守る神なのです。

全宇宙を破壊できるほどの強力な雷を武器とし、強大な力を持つと言われています。

神話では、ゼウスは最終的にはヘーラーと永遠に結ばれますが、それまでに何度か結婚と離婚を繰り返したと言われています。

スポンサードリンク






 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です