【分かりやすく説明】人はなぜ眠たくなるのか ~睡眠の科学~

Pocket

映画館などで暗闇になるととても眠たくなってしまい、我慢して耐えながら観たり、寝てしまったりという経験はありませんか?

暗闇になると、なぜ眠たくなるのでしょうか。

人間はなぜ夜に寝るのか

そもそも人間は夜になると眠たくなります。

人間の脳は本能的に「夜は暗い」というように認識しています。

地球が誕生した46億年前から「朝と昼は明るく、夜は暗い」という、

1日のサイクルが決まっています。

脳は、周囲が暗くなると夜になったと認識し眠たくなるのです。




 

では、なぜ人間は夜になったら眠たくなるのでしょうか?

これについては、様々な研究がなされているそうですが、未だに解明されていないそうです。

寝るとどんな良い効果があるのか

ただし、寝ることによって次のような良い事があります。

●身体が休まる。

●脳が休まる。

●記憶力が高まる。

 

単純に、「寝る」ことによって、身体や脳が休まるのは経験済みでしょう。

また、記憶力が高まる事はご存じでしたか?

記憶は、まず海馬という脳の組織に一時記憶され、その後、大脳皮質に情報が移されることで記憶が定着されます。

また、この記憶力が睡眠によって高まるという結果が、研究や実験によって明らかになっているそうです。

人間の記憶力の実験

実際に、1歳の複数の赤ちゃんで実験をしたデータがあります。

赤ちゃんにクマのぬいぐるみを見せ、「腕を触ると決まった動きをする」という動作を繰り返しします。

赤ちゃんは興味を持ち、ずっとその動きを見て頭に記憶します。

その後、お昼寝をした赤ちゃんとお昼寝をしない赤ちゃんとで、クマのぬいぐるみを見た時にどのような行動をするのか観察します。

観察結果は、クマのぬいぐるみの腕を触ってみると、お昼寝をした赤ちゃんは「決まった動き」の動作をまねしていますが、お昼寝をしなかった赤ちゃんは、全く関係ない動作をしています。

 

この事から、寝る事によって記憶を定着されている事が分かります。

記憶力を伸ばす方法

この事から、記憶力を伸ばす為には、しっかりと寝る事が重要だという事が分かります。

試験勉強など、集中力がないまま無理して徹夜で勉強するよりかは、一度しっかり寝て記憶を定着させた方が要領よく記憶する事が出来るという事になります。

寝る事によって記憶の整理が出来ているという事ならば、なぜ人間は寝るのかという問いには、記憶を整理し定着させる為と言っても過言ではないのでしょう。

人間には睡眠は欠かせないものだという事です。

スポンサードリンク






 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です