【驚愕】人間は何から出来ているのか ~原子で生まれ変わる

Pocket

人間は何から出来ていると思いますか?

筋肉、骨、血液…。など、様々な回答があると思います。

では、その筋肉、骨、血液は何から出来ていると思いますか?

それは、「原子」です。

ここでは、その人間を形成し、そしてあらゆるものをも形成している原子の不思議についてお伝えします。



あらゆるものを形成している「原子」

かつて、カリフォルニア工科大学の物理学者リチャード・ファインマンは、科学の歴史において「すべてのものは原子で出来ている」と述べました。

原子はあらゆる場所にあり、あらゆるものを形成します。

わかりやすく説明すると、今あなたが手にしているスマホ、パソコン、タブレットやテーブル、椅子、テレビなど、全て原子から形成されています。

上記で挙げた固体に限らず、水や空気なども原子から出来ています。

原子がそのものを機能させるうえでの基本的な配列こそが分子です。

1個の分子は、二個以上の原子が一体となったものであり、安定した配列となっています。

あらゆるものは、この分子の莫大な数から出来ています。

一立方センチメートルの空気あたり、450億個のさらに十億倍の分子が詰まっています。

分子ってどれだけ小さいのでしょうか…。

想像すらつきません。

一立方センチメートルあたりでそれだけの量の分子が存在する中、では、家の外の景色にはどれだけの分子があるのでしょうか。

また、宇宙規模で考えるとどうでしょうか。

とにかく、原子は豊富にあるということが分かります。

人間は「原子」から出来ており、生まれ変わっている

原子は耐久性にすぐれていると言われています。

あなたが所有する原子は、宇宙でいくつかの星のそばを通り、何百万という生命体の一部となってから、あなたを形成するに至っています。

原子単位で考えると、私たちの身体は、おびただしいほどの原子から形成されており、人間が死に至ると、原子は分解し、飛び去って、また新たな活動場所を見つけ出します。

このように、原子は再利用されており、かなり多数の体内原子(多ければ各人十億個ほどの原子)が、かつての歴史上の有名人物の原子である可能性は充分にあるという事になります。

今、あなたの身体を形成している原子が、織田信長だったりチンギスハンだったりするかもしれません。

こういった意味から考慮すると、「人間は生まれ変わる」という発言も間違いではありませんね。

原子は人間だけに限らず、草花の一部や、住宅の一部など、あらゆるものに再生します。

また、それだけに留まらず永遠に移動し続けます。

実際には、原子がどのくらい長く生きられるのかは研究の範囲では分かっていません。

スポンサードリンク






Pocket

【夏休みの科学研究】なぜテレビはリモコンで動くのか?

Pocket

普段、何気に見ているテレビ。

リモコンで電源を入れてテレビを着け、チャンネルを変えて好きな番組を見る。

この行為、なぜリモコンでテレビが操作できるか、一度は考えた事があるかと思います。

ここでは、リモコンの仕組みについてお伝えします。



赤外線を使ったリモコン

テレビのリモコンには、赤外線という光が使われています。

赤外線をテレビの受信機に送る事で操作しているという事になります。

では、赤外線とはどんな光なのでしょうか。

赤外線とは

赤外線とは光の一種です。

光には、目に見える光(可視光線)と目に見えない光があります。

赤外線や紫外線は目に見えない光です。

赤外線はおよそ750~1,000nmの間の波長で、400nm~800nm位の間の波長が可視光線、 10~400nmの間の波長が紫外線となっています。

波長とは、「波の長さ」のことです。

波長は一つの波から次の波までの「一波」分の長さを指します。

 

 

 

 

 

 

赤外線は、温度のある物体から自然に発せられている光なので、実は、目に見えていないだけで、私たちの生活ではたくさん発せられている光なのです。

なぜリモコンに赤外線が使われているのか

リモコンには赤外線が使われていることが分かりました。

リモコンでは信号を赤外線の点滅に変換して、リモコンからテレビへ伝えられます。

この点滅の仕方の基本はPPM信号と呼ばれる方式です。

では、ここで、なぜリモコンには赤外線が使われているのかを考えたいと思います。

離れたところに情報を送る手段は、「電波」、「音波」、「光」が考えられます。

家庭で使うリモコンの場合、「電波」はコスト問題が取り上げられます。

高くついてしまうって事ですね。

「音波」は、音なので誤作動が起こってしまう可能性が高いのです。

消去法で残ったのが「光」ですが、その「光」の中で、どの波長の光を使うかが問題となります。

全ての光において、誤作動を基準に考えると、赤外線か紫外線しかありません。

最も安く、通信の為の速度が充分なLED(発光ダイオード)という素子を使う為、コストの面で、紫外線よりも赤外線が使用されることとなりました。

スポンサードリンク






Pocket

断層帯とは?【地震のメカニズム&南海トラフ地震を解説】

Pocket

日本は地震の多い国だと言われています。

なぜ地震が多いのでしょうか。

それは、断層帯が地下にたくさんあるからなのです。



断層帯とは?

断層帯とは、多くの断層面が密集する帯状の地域の事で、

断層とは、地下の地層に何らかの力が加わって割れ、割れた面に沿ってずれ動いた状態をいいます。

地震は大きくわけて2種類ある

地震は大きく分けて、内陸型と海溝型の2種類があります。

内陸型の地震は、直下型地震とも呼ばれており、地下で起きた震源地からの距離が近いため、地震が起こってから地表に影響が起こるまでの時間は数秒後という短時間で起こります。

内陸で発生する活断層型の地震は通常M7くらいのレベルであり, 海溝型巨大地震に較べれば,そのエネルギーは小さいと言えます。

しかしながら、内陸型地震は私たちの住む地表のすぐ下で発生するため, 激しい揺れを直接受ける事となり、人命の危機や構造物の損壊など、多大な被害を引き起こす場合があると言えます。

日本周辺で発生する海溝型地震は通常はM8のレベルであり、海の下のプレートのずれなどから地震が発生します。

プレートのずれから発生する地震は甚大なエネルギーを発生する為、津波を伴って広範な地域に大きな被害を与える場合が多くあるのです。

南海トラフ地震はいつ起こるのか?

近年、とても懸念されているのが、南海トラフ地震です。

南海トラフとは、駿河湾から遠州灘、熊野灘、紀伊半島の南側の海域及び土佐湾を経て日向灘沖までのフィリピン海プレート及びユーラシアプレートが接する海底の溝状の地形を形成する区域をいいます。

この南海トラフ沿いのプレートのずれから発生すると考えられる大規模な地震を「南海トラフ地震」と呼びます。

南海トラフ地震は、100年~200年間隔で繰り返し発生していますが、その発生間隔にはばらつきがあり、近年ではいつ発生してもおかしくはない状態と言われています。

現在は、昭和東南海地震及び昭和南海地震が起きてから70年以上が経過しており、このことから、南海トラフ地震に対する警戒が次々と指摘されており、ここ30年以内に起こるのではないかと言われています。

スポンサードリンク






Pocket

絶対零度とは?~なぜマイナス273度以下はないのか~

Pocket

私たちの生活の中で、「絶対零度」という単語を一度は耳にした事があるかと思います。

この世の中の科学の世界では絶対零度という温度があり、それが宇宙でもっとも低い温度であるとされています。

その絶対零度はマイナス273度です。

ではなぜマイナス273度なのでしょうか。



絶対零度がマイナス273度の理由

1787年にジャック・シャルルが発見、1802年にジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサックによって初めて発表された「シャルルの法則」から推測し考えだされた温度は「絶対零度」と名付けられました。

考えだしたのは、イギリスの科学者のケルビンです。

シャルルの法則とは、一定の圧力の下で、気体の体積の温度変化に対する依存性を示した法則。

詳しく説明すると、「温度が1度上下するにつき、気体の体積は0度のときよりも273分の1減少する」というものです。

このことを元に、ケルビンは「マイナス273度になれば、体積はゼロになるためそれ以上は温度が下がることはない」と主張しました。

現在の物理学では、光(電磁波など)のようにこの世に存在しているものは、何らかの振動、もしくは振動と同じものに置き換えられるものと考えられています。

絶対零度になれば、振動もゼロになると思われがちなのですが、ミクロの世界になるとそういうわけにはいかないのが不思議なところなのです。

不確定原理に依れば、絶対零度でも原子は「零点振動」と呼ばれる振動をしています。

そういった意味では、絶対零度はあくまでエネルギーが最低の状態であり、「静止している」という意味とは異なるということになります。

ちなみに、絶対零度を表示する単位は、ケルビンの頭文字を当ててKと表示します。

スポンサードリンク






Pocket

【驚愕の新常識】宇宙人は眼球惑星にいる?

Pocket

宇宙人がいるかいないかという問題は、私たち人類にとってワクワクする永遠のテーマであると思います。

ちまたのオカルト的なものと区別が付きにくい場合もある為、にわかに信じがたい話もあります。

しかしながら、「宇宙人がいるかいないか?」の質問の答えは「YES」という回答をする研究者は多いのが現状です。

ここでは、宇宙人がもしも存在するとしたら、その生息地はどこになるのであろうかという可能性をお伝えします。



「眼球惑星」に地球外生命体が存在する可能性がある

地球外で文明を持った知的生命体の探索がNASAをはじめ、多くの研究機関で推し進められています。

「ケプラー452b」など、地球によく似た条件を持つ惑星が発見され、生命が存在する可能性があると指摘されるとともに、人類の移住先の候補もリストアップされるという研究もなされています。

宇宙には「ハビタブルゾーン」と呼ばれる、生命体が存在しうる可能性がある地帯があります。

太陽系で言うと、地球のように生命が存在しているような条件が整っている地帯です。

地球外文明や地球外生命体を探す指標になっているのが、ハビタブルゾーンというわけなのです。

しかし、最近になってフランスの研究機関の天文学者のシーン・レイモンド氏が別の角度から指摘しています。

彼の主張は、地球外生命体はハビタブルゾーンではなく「眼球惑星」を特定した方が可能性は高いと言います。

では、この眼球惑星とはどのような惑星なのでしょうか。

表と裏がある眼球惑星

地球の衛星である月こそが眼球惑星であります。

月は地球から見ると、いつも表側しか見えません。

決して裏側は見えないのです。

なぜなら、月は自転と公転の周期が一致しているからです。

このような惑星を眼球惑星と呼びます。

眼球惑星の表と裏の境目は生命体が存在しやすい

月のような眼球惑星は、表側も裏側も生命にとってはとても過酷な環境にあると思われますが、その境目であるリング状の地帯では、どちら側にも移動がしやすいため、生命体が住みやすい環境にあると言います。

また、この眼球惑星は、ハビタブルゾーンの地域外であっても、生命体が存在する可能性が高いと言われています。

眼球惑星がなぜそう呼ばれるようになったのかというと、太陽系の中にある月(眼球惑星)は、表側の中心部が太陽の光に最もさらされる為激しい地理的変化が起こり、見た目が眼球のような形になるというところからなのです。

スポンサードリンク






Pocket

【驚愕】宇宙の謎3選に迫る!その②

Pocket

宇宙には、信じられない謎があります。

というか謎だらけと言っても過言ではありません。

ここでは、そのたくさんある中の3つの謎に迫ります。



①パラレルワールドは存在する?

現在の宇宙論が、ビッグバン理論とインフレーション理論を想定する限り、観測不可能な宇宙が存在すると認めざるを得ません。

つまり、ビッグバンから生まれた私たちが住む宇宙領域外は、決して物理的に干渉、観測できないことになります。

物理的に干渉できないのだからこれは別の宇宙であり、パラレルワールド(平行宇宙)であるとするのです。

また、別の考え方もあります。

インフレーションの過程で複数の泡が生じ、それらが独自に成長して無数の宇宙(泡宇宙)が生まれる可能性があります。

「インフレーション」理論とは、宇宙がビッグバンの後に急速に拡大したとする理論でありますが、言い換えると、宇宙はまるで風船のように膨張していったとみなされています。

この理論によって、無数の泡となる宇宙が存在するといった事が示唆されているのです。

②宇宙に果てはあるのか

「閉じた宇宙」とは、宇宙空間の広さは有限であり、果てまで進んでいくともとの位置に戻って来るという考え方であり、「開いた宇宙」とは、宇宙空間は無限に広がり、宇宙の果てという場所は存在しないという考え方であります。

現在、宇宙空間は加速膨張していますが、「閉じた宇宙」は、永久に膨張するのではなくやがて収縮するようになると言われています。

宇宙が収縮することで最終的に宇宙の大きさは「無」となるというのが「閉じた宇宙」であり、収縮に転じるということは宇宙空間は無限大ではなく収縮に転じた地点が宇宙の果てということになります。

「閉じた宇宙」のイメージはボールのような球形の世界に相当します。

ボールの表面のある点をスタート地点とし、ボールの表面を指でなぞっていくとグルリと一周まわり、もとの位置に戻ります。

「閉じた宇宙」のモデルが球体だとすると、「開いた宇宙」は乗馬で使用する「鞍」のような形がモデルとなります。

この2つの説でどちらが正しいのか、それともどちらも間違っているのか、その答えは現在の人間には残念ながら導き出せていません。

私たち人間の住む地球やそれを含む太陽系、天の川銀河などの観測可能な宇宙空間は宇宙全体のほんの一部であり、望遠鏡をはじめとしたあらゆる手段で観測しながらその形容を推測するしかないのです。

③この世は3次元ではなく高次元?

私たちが住むこの世は3次元に時間を加えた4次元です。

しかしながら、この世は現実、10次元だというのです。

私たちの世界に存在する高次元空間があるとしたら、現段階では、私たちが考え得る宇宙の尺度しか使えないので、想像する事すら出来ません。

物質の形や大きさを表す尺度は、縦、横、高さを座標とする3次元空間の指標であります。

縦、横、高さの3つの座標に付け加わる次の座標を、現在の私たちは想像することが出来ません。

高次元の空間において理論物理学者は、10次元空間の中に私たちの住む4次元空間は存在しているといいます。

残りの6次元は極端に小さく、3次元的には見えません。

そして、この6次元は丸く閉じていて、4次元空間に接触しているのです。

スポンサードリンク






Pocket

【驚愕】宇宙の謎3選に迫る!①

Pocket

宇宙には、信じられない謎があります。

というか謎だらけと言っても過言ではありません。

ここでは、そのたくさんある中の3つの謎に迫ります。



①ブラックホールの謎

ブラックホールは、太陽の20倍以上重い星が一生を終える時、自らの重力に耐え切れなくなり、中心にぎゅ~っと集められ爆発してできたものなのです。

そして、大爆発が起きた後も、中心部は重すぎて自分の重さを支えられず、さらに中心へつぶれ続け、重力も強くなっていくのです。

こうして光さえも脱出できない程の重力が強いブラックホールが誕生するようです。

ブラックホールに吸い込まれた人間がいたとしたら、どうなるのでしょうか。

吸い込まれた人間は極めて大きい重力の力でどんどん吸い込まれ、身体が重力のせいで引き延ばされやがてちぎれると言われています。

それを傍から見ている人がいたとしたら、アインシュタインの相対性理論により、ブラックホールの重力によって空間がゆがんでいる為、吸い込まれている人間はブラックホール入り口付近で止まって見えるのです。

ブラックホールやその付近では、物理法則が成り立たなくなっているのです。

②多世界解釈の宇宙

量子力学の理論の一つで、歴史は常に様々な「世界」に分岐しています。

「母宇宙」があり、それから分岐した宇宙が「子宇宙」です。

この世の宇宙はひとつではなく、無数にあるという解釈です。

③ダークエネルギー、ダークマターとは

現代宇宙論において、加速しながら膨張していると考えられている仮説上のエネルギーを、ダークエネルギー(暗黒エネルギー)と呼んでいます。

ダークエネルギーは、重力とは反対方向の力を持つ反重力のエネルギーを指しています。

宇宙が加速膨張する為には、重力エネルギーに逆らうような、重力よりも強い逆方向のエネルギーが必要不可欠となります。

宇宙論において、そのエネルギーをダークエネルギーとしているのです。

また、宇宙には、質量はあるがその存在が明らかにされていない物質もあり、その物質をダークマター(暗黒物質)と呼んでいます。

宇宙のエネルギーに占める割合は、通常の原子等の物質が4.9%、ダークエネルギーが68.3%、ダークマターが26.8%とされています。

言い換えると、私たちが宇宙で存在確認しているものは、全体の5%にしか過ぎないという事です。

スポンサードリンク






Pocket

【驚愕】宇宙の始まりビッグバンの前には何があったのか?

Pocket

宇宙は何も無いところから大爆発をして始まったという「ビッグバン理論」が最も有力な説となっています。

高温高密度の1点から始まったとされ、加速膨張された宇宙は低温低密度へと変化し、私たち生命が住める環境が整ったというわけです。

このビッグバン理論が正しければ、さらに疑問が沸きます。

「ビッグバンの前は何があったのか?」という疑問です。

ここでは、そんな疑問に答えていきます。



私たちはブラックホールの中にいる?

私たちは既にブラックホールの中にいるという説があります。

ブラックホールは、太陽の10倍以上の重さの恒星が一生を終え、自らの重力に耐え切れなくなり、中心へ収縮して大爆発を起こし変化して出来たものです。

その為、中心の重力は無限大になり、光さえも吸い込んで抜け出せれなくなります。

ビッグバンが起きる前は、高温高密度で高エネルギーの状態で存在していたと言われています。

このような現象が起こり得るのはブラックホールの中であり、私たちの宇宙は、別の宇宙のブラックホールの中で生まれたというわけです。

現在では、多数の物理学者が、宇宙は一つではなくたくさんあると考えています。

別の宇宙こそがブラックホールの中にあるというのです。

ブラックホールに存在する特異点は無限の密度を持つと言われていますが、この世に「無限」という概念は存在しません。

ブラックホールの質量やエネルギーは、無限に近いほど圧縮されますが、厳密に言うと、完全に無限になるのではなく、ある時ついに大爆発を起こすのです。

これが、ビッグバンではないのか…ということになります。

その説が正しいとされるならば、私たちは別の宇宙のブラックホールの中にいるという事になります。

私たちの宇宙ですら広大なのに、その広大な宇宙が、別の宇宙の中に存在する一部のブラックホールの中にあるだなんて、奇妙ですし、理解の域を超えますね。

宇宙は謎だらけです。

しかし、ブラックホールの謎さえ解ければ、全ての謎は解けるとまで言われています。

私たち人類の文明が途絶えるまでに、宇宙の謎は解明される時が来るのでしょうか。

スポンサードリンク






Pocket

【驚愕の惑星!!】宇宙の最強惑星マグネターとは

Pocket

宇宙は、奇妙な星やほぼ解明されていないもので溢れています。

太陽系の惑星や、ブラックホール、銀河などが一般的に知られていますが、それは宇宙のほんの一部にしか過ぎません。

宇宙は、「奇妙」でしかないと言っても過言ではありません。

これは、私たち人類の文明が未熟であるが為の結果であると言えます。

ここでは、その奇妙な宇宙の最強の惑星を紹介します。



宇宙の最強惑星マグネターとは

マグネターという惑星の最大の特徴は非常に重たい星という事です。

どれくらい重いのかというと、マグネターをスプーン1杯分をすくったとき、その重さはギザの大ピラミッド15個分だと言います。

精密な重さは分からないと思いますが、どれくらい重いのかは想像できますね。

また、マグネターは非常に強い磁場を持っており、その磁場は地球上で感じている磁場の2000兆倍にも及ぶと言われています。

そして、その磁場の減衰をエネルギー源として、電磁波等を放射する中性子星です。

しかし、なぜ、このような奇妙な惑星が宇宙に存在するのでしょうか。

マグネターの出来上がる過程とは

星が長い期間を過ごし寿命が来ると、自らの重力に耐え切れなくなり、超新星爆発が起こります。

そして残った中心核は、中性子星に生まれ変わります。

中性子星は中心に収縮され極めて小さくなり、エネルギーは小さくならずに保存される為、回転速度が速くなります。

今まで観測されたものの中で一番スピードが速かったものは、なんと、1秒間で716回転なのです。

目に見えぬ次元を超えた速さですね。

これは、光速の速さと同じだそうです。

そして、この中性子星の自転が極めて速いと強力な磁場が作られます。

このような磁場の強く非常に重い星がマグネターとなるのです。

マグネターに近づくとどんな事が起こるのか

マグネターまでの距離が1000kmの地点まで近づいた時、磁場は極めて強力になり、人間の身体の原子レベルまで影響を与えます。

その原子は極めて薄い棒状に引き延ばされ、最終的には引き裂かれます。

有名なブラックホールと現象は同じですが、レベルが違うという事なのでしょう。

マグネターでの地震

マグネターは星震と呼ばれる地震と似たような現象を起こします。

マグネターの地殻に亀裂が入ると、銀河の反対側からでも影響を受けるほどの巨大な放射線の爆風を放出します。

地球が最も強い星震の影響を受けたのは、地球から50,000光年離れた場所にあるマグネターからでした。

これは、ヨハネス・ケプラー氏により観測された超新星以降、銀河で観測された最大の爆発であるとされています。

この爆発は、たった10分の1秒で、太陽がこれまで10万年で放出したエネルギーよりも大きなエネルギーを放出したと言います。

この際に地球が受けた影響はわずかなものでしたが、もしも、このマグネターが地球から近かった場合、影響を考えると怖いですね。

地球のオゾン層を破壊し、地表も強大なエネルギーで破壊されることでしょう。

地球から最も近いマグネターは?

地球から最も近いマグネターは、幸いにも9,000光年離れています。

だからこそ、脅威にさらされずに地球で暮らせているのですね。

スポンサードリンク






Pocket

なぜ宇宙人と遭遇出来ないのか?【分かりやすく理論的に説明】

Pocket

なぜ私たち人類は、宇宙人に遭遇する事はできないのでしょうか?

これは、昔から多くの物理学者などによって考えられてきたテーマです。

宇宙人と言えば、オカルト的に捉え、理論的に考えてもみなかった…なんて人が多いのではないでしょうか。

ここでは、宇宙人と遭遇しない理由のあらゆる説を理論的にお伝えします。



宇宙人と私たち人類の知的文明レベルが違い過ぎる説

この広大な宇宙に宇宙人は存在しているが、宇宙人の知的文明レベルが高すぎるため、私たちには宇宙人の存在を確認するための能力が身についていないという事です。

極端な例を出しますと、縄文時代のようなまだ科学が発達していない時代に、現代に存在する自動ドアやパソコンやテレビが現れたとしたら、ビックリして信じられませんよね。

それくらい、いや、それ以上に、宇宙人と地球人の知的レベルが違うって事なのです。

物理学者のミチオ・カク氏は、「高度な宇宙人は存在しており、私たち人類の近くで私たち人類の文明が高度に成長するのを見ているが、私たち人類の文明が未熟過ぎて宇宙人の存在に気付く事が出来ない」と言います。

彼はそれを「蟻塚と高速道路の関係のようだ」と説明します。

蟻塚の近くで高速道路の建設が行われていたとしたら、蟻たちは、何が行われているか理解できるでしょうか。

確かにそう考える事も出来るでしょうね。

宇宙人は休眠している説

宇宙人は、すでにデジタル化した高度な知的文明を持っており、その高度な文明を維持するには現在の宇宙の温度が高すぎる為、寒冷化するまで休眠していると言います。

非常に高い情報処理をする能力には、冷却が必要です。

宇宙の姿は常に変化しています。

変化に合わせて寒くなるまでは、無駄なエネルギーは使わないという行動です。

数百億年後になれば、宇宙の膨張により宇宙の温度は絶対零度に限りなく近づき、現在と比べて情報処理速度は、10の30乗倍速くなるという計算結果が出ています。

しかし、休眠しているとしたら、宇宙のどこかにいるはずですよね。

それにしても見つけられないのは、やはり知的文明のレベルが違い過ぎるからって事になるのでしょうね。

スポンサードリンク






Pocket